家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの色決めHOME > 家づくりノウハウ >住まいの色決め
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの色決め
qpet.jpg
家を新築する時、どのような配色にするか迷っていませんか?

屋根の色は、外壁の色は、内壁の色は、床、天井は、キッチンは・・・と住宅の色彩を決めるには多くの色の選択に迫られますよね。

営業マンにサンプルや色見本を渡され、あれこれ迷っていませんか?
営業マンに「いついつまでに決めてください」と言われ、つい「これでいいか・・?」で済ませてはいないでしょうか?

また、現在は着工前にサンプルで色を決めてしまう場合が多くなっていますよね。
でも、平面的な図面の上で、立体である色彩を決めるのは、色の専門的な知識が必要なのですよ。

それでは専門知識のない施主としてはどうすればよいのでしょうか?
私の場合は、色決めは現場で建物が形となってから決めるようにしています。
現場にサンプルや色見本を持っていき、様々な角度から見て、色彩を決めるようにアドバイスしていますよ。


特に外部の色彩はボリュームが大きく、普段のファッションや身の回りの商品を選ぶのと色彩基準が違うのをご存じでしょうか?
色彩はボリュームが大きくなると明るくなる傾向にあります。また、表面の素材でも見え方が違ってきます。

忙しいので、自宅の室内でサンプルや色見本を見て決めていませんか? 太陽光と室内照明では色彩が全く違って見える色もありますよ。
外壁の色に迷ったら、最近建った多くの建物を見て判断するのは良いことです。
古い建物ですと、経年変化で色が変色していますから、同じ色を表現するのは困難です。

外壁の色彩を決めるにはこちらを参考にしてください。   外部色彩

内部の色を決めるにも、インテリアの知識がないと良い空間は生まれないですよね。
インテリアは、床・壁・天井と上にいくほど明るい色彩にすることが基本で、落ち着いた空間となります。

最近はインテリアをホワイトを基調とした家がもてはやされていますが、全てをホワイトにするのは疑問ですよ。
ある雑誌に「人間が精神に異常をきたしやすい空間の調査」というものが出ていて、実験では立方体の内部をすべて同じ色彩にした場合、ホワイトが最も精神に異常をきたしやすいそうです。

ホワイトの空間は魅力的ですが、アクセントカラーなどの配色もよく考えてください。
インテリアを考える基本はこちらを参考にしてください。   インテリア考(1)

現在は、着工前に全ての色を決めるのが多いですが、出来あがってから色決めに失敗したからといって施工しなおすことは無理ですから、出来れば現場の進行に合わせ空間を見ながら色を決めることをお勧めします。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/645-a68a02b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。