家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅の仮契約に注意HOME > 住まいの情報 >住宅の仮契約に注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅の仮契約に注意
a0ssiya.jpg
家を建てようとして住宅展示場を見学し数社の営業マンと接触しアンケートなどに住所を書き込むと、数日後には詳細な資料をもって尋ねてきます。

数社のうち気に入ったハウスメーカー(HM)を絞って予算などの話をしていき、一社に絞り込んでいくと、まだ詳細な打ち合わせをしていないのに「仮契約をお願いします」という話がでてきます。

「え!仮契約・・・住宅って仮契約と本契約があるの・・?」と思いますよね。

ハウスメーカーのいう仮契約は、お客様が他社に浮気しないようにツバをつける行為で、手付金を預かって仮契約書をつくります。

住宅の本格的な見積もりや打ち合わせはこれからなので、お客様は「仮契約ならいつでも解約できる」と思いますし、営業マンもそのような説明をします。

また、その時点で支払った手付金は、本契約の頭金に充当されます。(一般的には10万円程度)

しかし、いつでも本契約をするまでの間なら解約をできると言っても、手付金は返金されません。

中には、手付金に100万円も払って、解約話となり返金されずにトラブルとなっている例もあります。

HMや営業マンによっては、言葉たくみに仮契約は返金されるような話の場合もありますから、その場合は必ず一筆取っておきましょう。
メーカー側にすれば、図面や見積もり書を作っても、仮解約を解約されれば無駄が出るので、解約の場合は手付金は必要経費と考えています。

本来、契約には本契約と仮契約などというものはなく、仮契約というのはHMがかってに決めたシステムでしかありません。
ただし、仮であっても契約文書ですから、手付金は返金されない事項が明記されていれば有効なのです。

営業マンは契約実績のため、仮契約まではおおよそ、お客様の要望を聞いていますが、仮契約後に詳細な打ち合わせや見積もりに入ると「話と違う、設計内容が、見積もり金額が・・・」という内容が多く、解約される方が増えています。

しかし、手付金は戻りませんから、多額の手付を要求するような業者には注意しましょう。
悪質な例では、いかにも仮契約のような話をして、本契約を交わしていたというものもあります。

何も仮契約などする必要はないのですが、大手HMほど仮契約を交わさないと、本契約への打合せに入らないシステムになっています。

お客様にとっては一生に一度の大きな買い物です。じっくりと打ち合わせをして納得の上で契約するのが本当でしょう。
しかし、現実は消費者無視の仮契約システムがはびこっていますから注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/647-16865bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。