家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地は値切って買えHOME > 不動産の知識 >土地は値切って買え
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地は値切って買え
jjzr.jpg
家を新築しようとして土地から求める場合よく聞く話が「場所が良かったので、土地に予算がかかって建築費が不足しそうです。建物規模を切り詰めないと・・」といったことがあります。

不動産物件は年々下落していますが、条件の良い土地ですと「早くしないと他の人に・・」という気のあせりが生じるのか、つい言い値で購入してしまうようです。

また、土地は普段の買い物のように比較して比べたりすることも出来ず、場所によって条件が様々、同じ土地は二つとないといえますから、さほど条件が良くなく競合がないような土地でも、業者のいいなりの価格購入が多いようです。

それでは、なぜ「土地を値切る」ということをしないのでしょうか?

住宅ですと、安くするには競争による相見積りだ、施主支給だといろいろ考えますよね。

さんざん予算オーバー対策を労して、そのあげく「安くしたから手を抜かれないか・・」と悩んでいませんか?


もともと土地には定価というものがなく、売主が希望する金額が、提示される土地価格なのです。
ですから、売主の販売希望価格に対し、購入希望価格を提示して交渉してもよいのです。

早い話が「土地を値切って買え」と言うことです。

土地はいくら値切っても、建物のように仕様が変わったり、手抜きの不安などありません。
安く手に入れても、土地の形状が変わったりはしませんよ。

ただ、「値切って買え!」といっても、不動産業界に縁のない方は「どのようにするの・・?」となりますよね。

方法は、あまり策をめぐらさず自分の資金計画を提示して「土地にかけられる予算はこれが限界」といった説明をすればよいのです。

売主側としても希望価格ですから、ただ単に「○○万円まけろ!」と言われるより、納得できる理由があれば歩み寄ってきます。

必ず成功するとは断言できませんが、私の知る範囲では値切ることで100万円以上安く買った方もいます。現在は不動産業界も物件が動かず氷河期といわれていますから、試す価値はありますよ。

言い値で買うことはいつでも出来ますから、まずは、遠慮せず値切ってみましょう。
土地は定価がないので値切らないと損という考えに徹しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/652-bf1deee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。