家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建売住宅選びは土地からHOME > 住まいの情報 >建売住宅選びは土地から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建売住宅選びは土地から
xqw_20100923123854.jpg
建売住宅の購入をしようとして物件を見に行き、建物の内容だけに目が行ってしまい、土地がどのような状況なのか確認している人は少ないのではないでしょうか?

天気の良い日に物件を見に行き、建物の良さに満足しているだけではだめなのです。
契約をして、入居してから大雨などで庭にプールのように水溜りが出来るのに気が付いて、大騒ぎしても遅いのですよ。

建売住宅は土地とのセット販売ですが、「現状引渡し」が原則となっています。
業者によってはある程度対応してくれる所もあるでしょうが、一般的には自己負担で対処しなければなりません。

ですから、建売住宅を購入しようとしたら、「土地の選び方」でも書きましたが、悪天候の日に物件を見ることです。

大雨の日に、庭に水溜りはどれくらい広がるのか、水捌けの時間は、敷地周囲の側溝の排水状況は、雨樋は溢れていないか・・・といったことを確認するのが大切なのです。

また、建売住宅は開発造成して以前の土地とすっかり形が変わってしまい、以前どのような状況の場所だったかわからない所も多いですよね。

水捌けの良い土地でも、田んぼなどを埋め立てた所などは、地盤の強度も心配です。
また、このような例もあります。
町中の釣堀を埋め立て造成して建売販売した物件を購入したところ、大雨が降るたびに水が上がってきて床下浸水してしまい、家も傾いてしまったのです。

このように「現状引渡し」の建売住宅は、どのような土地なのかを確認しないと、その後のトラブルは自己責任となってしまいますから注意してください。

建売住宅を購入する場合は、悪天候の時に物件を確認し、土地の履歴がわからなければ業者などに確認し、土地や建物に問題がありそうな場合は、その後の対応をしっかりと文書で約束して購入することをお勧めします。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/656-c2162a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。