家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >頭金なし住宅ローンHOME > 資金計画 >頭金なし住宅ローン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

頭金なし住宅ローン
wwo.jpg
「頭金なしの住宅ローン」の表示がどこを見ても目に付くようになりましたね。

私はブログで「頭金なし住宅ローンは危険・・」と常々書いてきましたが、これだけ普及するには需要が後を絶たないということでしょう。

普及した原因は、月々の返済額が家賃なみで負担が少ないのと、子育て世代にとって新築住宅の頭金を準備する余裕がなく、現在の経済事情がそれを許さないのが現状でしょう。

先日、頭金なしで建売住宅を購入した方の話を聞きましたが「毎月ローン返済は、今までの家賃とほぼかわらず、特に生活上苦しくなったことはありません。我が家の場合数百万貯めるのに、一体何年かかるか・・?何年も先では、年齢的にも長期ローンが組めなくなり、逆に毎月の返済額は高くなってしまいますから、思い切って購入してよかったです」と話していました。

確かに家賃を払い続けても自分のマイホームにはなりませんから、賃貸生活には見切り時が必要かも知れません。
頭金の貯金のつもりで、それを住宅ローンにあてながら、新築の家で快適な生活をしていた方が良いとも考えられます。

しかしこのようなことも言っていました。

「この先、金利がどうなるかで返済額も上下するかと思うととても不安です、このままの低金利時代は続くでしょうか?景気がよくなって収入が良くなれば貯蓄は出来ると考えているのですが・・?」と聞かれました。

「低金利時代はそろそろ終了と言われだしてからも延々と続いていますが限界があるのも確実ですし、これ以上大幅に金利が下がることは期待できないでしょう。また、不景気だから低金利なのであって好景気になれば確実に金利はアップします」とだけ答えました。

別れ際に「ローンはいずれ終りがきます。もし夫に万一のことがあったら、ローンも終了となりますから・・・」
いつの世も、一家のあるじは死ぬまで家族に対し責任があることを思い知らされましたよ。

ただし、チラシなどに出ている「頭金なしの住宅ローン」はあくまでも物件価格のみであって、諸費用は別途発生するのが普通ですから、チラシの大見出しだけで熱くならないよう注意しましょう。
諸費用も含めて全額ローンにする場合は支払いが可能か十分な検討が必要でしょう。

また、賃貸生活では考えられなかったのが、毎年の固定資産税や建物の維持管理費です。
賃貸からマイホームに移行した方の多くが、光熱費がアップして計算が狂ったとも言います。

住宅ローンは数十年で終了しますが、マイホームも経年変化で傷んでいきます。
ローンが終われば建物も終わりではだめですから、維持管理による長持ちも考えて返済に余裕をもった対応が必要でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/659-11fd1ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。