家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ローコスト追及の落とし穴HOME > コラム >ローコスト追及の落とし穴
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ローコスト追及の落とし穴
hlld.jpg
ローコスト住宅の中でも設計からローコストで計画する場合と、ローコスト住宅商品を購入する場合の2通りが考えられます。

設計事務所などにローコスト住宅を依頼する場合は積み上げ方式の結果次第ですが、このような例は大変少なく「そもそもローコストを考えているのに設計料を払ってまで・・」という考えが普通ですよね。

大半の消費者は手間いらずのローコスト住宅商品を購入するのが普通で、その場合の考え方として注意すべき点があります。

ローコスト住宅の広告に書かれた価格は、坪単価で書かれていても、総額で書かれていても、例外なく、建物だけの価格なのです。

建物はどのような土地に建つのかは、顧客の土地条件によって違ってきますから、道路から建物までの給排水工事はもちろんのこと、オール電化でない場合は、ガス工事なども別途となっています。

他にも、建築確認申請などの各種申請費用、地盤調査とその結果に対する地盤改良費といったように、次々と別途費用が発生します。

また、標準仕様がどこまで入っているのかが要注意です。
住宅展示場を見て、「当然私の家にもそれは含まれているのだろう」と思ったら大間違いですよ。

以前、住宅会社での仕事でローコストメーカーと競合したことがありました。
その設計内容は、かなりローコストを意識した要望でしたが、設計して見積をした住宅の総額(全て込み)が、坪45.5万円でした。

お客様は、「予算的にきついので坪30万の広告を出しているローコストメーカーからも見積をとる」とのことでした。

私は、ローコストメーカーの見積内容にも興味があったので、「同じ設計内容と仕様書で見積を取ってください」とお願いしました。

数日後、お客様が訪ねてきてローコストメーカーの内容に憤慨していました。
内容を見せてもらうと、見積書には各工事内容の明細項目や数量の表示は一切なく、○○工事一式いくらの表示のみで総額表示です。

驚くべきは、屋外給排水工事などの他に玄関ポーチ、玄関屋根、テラス、ウッドデッキといった外壁から出ている部分と、設計内容にある居室の収納部や照明器具、網戸、雨戸など全てオプション工事で一式表示のみですし、建具なども標準差額が出ています。

気になる金額はというと総額で坪45.3万円でした。

お客様は「これでは坪単価が安いのは客寄せパンダ効果を狙っているだけで、実際に細部の要求はすべてオプションではね」「坪2千円は安いがこれじゃ数量もわからないし、着工してこの先変更を出しても数量の詳細がなけりゃいくら請求されるのか不安だよ」と言っていました。

最終的に値引きをいれて坪45万でお客様も納得してこちらで契約されました。
この結果からわかるように、ローコストメーカーの坪単価とそれに準じた標準プランは、最低限の生活はできるようになっているかも知れませんが、一般的な生活を想定すると現実には上のようになります。

また、ローコストを追及する場合、大切なのは「本当に必要なの?」という問いかけをして選ぶことです。

住宅設備などで、キッチンを例にとってみても価格が30万円程度から、100万円を超える高級品までいくつもの商品があります。
ちょっとした機能の違い、デザイン、収納、などで価格に大きな違いが出ています。
でも調理自体は価格の差が、料理の差に表れるわけではありませんよね。

最近は家具センターなどでも驚くほど安価なキッチンがうっていますが、取付け費を入れると一般の商品と差がないそうです。

キッチンに限らずどの商品でも、汚れ防止、手間いらず・・といった表示が目立ちますが、日常の清掃を怠るとどのような 商品であっても汚れてきて長持ちしないのです。

ローコストを追及する場合、常に何が本当に必要なのかを考え、安い坪単価表示に目を奪われないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/661-41f99e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。