家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >耐震改修特別控除HOME > リホーム >耐震改修特別控除
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

耐震改修特別控除
hana24_90x90.jpg 平成18年4月1日~20年12月31日までの期間を対象として制定された制度です。

地震に対する安全性の向上を目的とした増改築を、耐震基準(昭和56年施行)に適合するように行った場合、その年の所得税の額から耐震改修工事費の10%相当額が控除されます。
(最高限度額 20万円)

対象住宅は、一定の計画区域内で昭和56年5月31日以前に建築された住宅で、次の内容に該当しなければなりません。

1、地域における多様な需要の応じた、公的賃貸住宅等の整備に関する特別措置法に
  規定する地域住宅計画。

2、建築物の耐震改修促進に関する法律に規定する、都道府県耐震改修促進計画で、
  一定の耐震改修事業を定めたもの。

3,地方公共団体が地域の地震に対する安全確保の見地から、一定の事業を定めたもの。

申請書類は、「住民表の写し」「住宅耐震改修特別控除額の計算証明書」「住宅耐震改修証明書」を確定申告書に添付します。

現在耐震リーホームを検討している方は、現在の住まいが該当地域になるかどうか、地方公共団体へ問い合わせて見て下さい。

地震への不安がある日本です。既存住宅の耐震測定をする公的機関が出来、地域にかかわらず耐震控除のような制度が出来ればよいですね。

  





関連記事

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/67-392a4d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。