家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >建売り住宅購入の流れHOME > 家づくりノウハウ >建売り住宅購入の流れ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

建売り住宅購入の流れ
ffsa_20101003230855.jpg
建売りを購入する場合は、注文住宅のような「請負契約」と違い、住宅商品の「売買契約」になります。

また、建売りといっても、図面の段階や建築途中で販売し顧客を募集する場合もあります。
このような場合、ある程度の顧客注文を反映させますから、注文住宅のように勘違いするかも知れませんが、あくまでも契約体系が「売買契約」となりますから、請負契約と違うことをよく確認しておきましょう。

建売り住宅は土地とセット販売なので土地の契約はなく、建物付き土地価格となります。
「建売り住宅を購入したいがどのような流れとなっていて、資金の準備は・・」という質問が多いので、費用の流れて購入の注意点を下にまとめてみます。

<建売り住宅の購入にかかる費用と流れ>

1、初期費用

手付金が申込時に完成物件なら10%以内、未完成物件なら5%以内が一般的金額です。また収入印紙代が契約時に発生します。

2、引き渡し時

所有権移転費用、表示登記費用、金融機関の事務手数料・保証料、火災保険費用(任意)
建売の場合は、手付金以外は全て引渡時となり、工事途中の追加工事なども引渡時です。

<購入注意点>

1、重要事項説明

手付金は本契約に移行されますから、契約と同じ扱いにされる例が多くあります。 その場合、手付金支払い前に重要事項説明されたか確認しましょう。説明がない場合は「宅建業法違反」ですから注意しましょう。

2、手付金は解約すれば戻るの?

手付金には契約にかかる手付金(自己都合で解約しても戻ってこないのが基本)と、10万円~30万円程度の申込金を預かり解約すると返還されるのと、2通りの事例がありますから申込をする時点でよく確認してください。

3、融資停止条件

通常、銀行融資が必要になりますが、融資されなければ白紙撤回になる停止条件付きになっているか。

以上が一般的な購入時の内容ですが、販売業者によって内容はそれそれ異なってきます。

建売り住宅購入で営業マンの言われるままに「買い付け証明書」などにサインして手付金を何百万円も支払ったりしていませんか?

まだ土地た建物の重要事項説明も受けていず、「契約はいつ?、ローンはどこの銀行?」と悩んでいたり、「解約したいが手付金は戻るの」といった人が多いのには驚かされます。

建売りは、立地条件や建物内容で「衝動買い」をしてしまう場合もありますから、上の内容を十分検討して行動してください。

建売り住宅に関しては、サイト内に土地と建物をチェックする「建売り住宅選びは土地から」
建売り住宅選びの注意点がありますので参考にしてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/674-d2999937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。