家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >コンセプト住宅の提案HOME > コラム >コンセプト住宅の提案
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

コンセプト住宅の提案
glp.jpg
個人の個性、それが核となった家族のライフスタイルはそれぞれ違うものですよね。
家を建てる時、「どう暮らすか」「どんな住まいにするか」は立地条件や間取り仕様・・・など、さまざまな条件から選ぶことになります。

しかし、皆さんが雑誌やカタログで選んだり、ハウスメーカー、工務店などから提案される住まいの間取りはや仕様などは一般的な概念を詰め込んだものにしかなってはいないでしょうか?

雑誌やカタログは対象を特定せず万人向けになっていますし、ハウスメーカー、工務店などから提案されたプランもあなたの要望を含めてはいるものの、基本的な発想は全体的に一般的な概念でまとめられていないでしょうか?

例えば、ハウスメーカーの建物は方形土地しか対象とせず、変形地などを想定したものはありません。

それによって、変形の土地は一般的な家が建てずらいということで、安価ですが売りづらい物件となっています。 逆に言えば、安い土地を探すなら変形地ともいえます。

私が今回提案するのは、コンセプト(基本理念) 住宅です。
コンセプト住宅とは、キッチンや塗り壁などの物質的なものに「こだわる」住宅ではなく、「暮し方」にこだわる住まいです。
今までの考えですと何かにはこだわっているが、全体は一般的な住まいの考えを満遍なく取りいれてはいませんか?

「誰々さんの家がこのようになっているから、うちでも・・」という考えではコンセプト住宅にはなりませんよ。

コンセプト住宅とは、例えば「収納を徹底的に考えた家」「世代の成長、老化を考えたバリアフリーな家」「エコな暮しに特化した家」「自然との共存を考えた家」「趣味を住まいに反映させた家」「ペットと暮らす家」・・・などを特化した家です。

「そのような住宅を造れば高くなるのでは?」という考えの方は、まだまだ一般的な概念に縛られてはいないでしょうか?

コンセプトを明確にし、自分たちの暮し方を見つめ「暮らし方」を強く意識して考えることによって、余分なものは極力排除することでコストは抑えられます。
また、コンセプトを明確にした家は、方形宅地に限らず変形地でも対応しやすいですから、土地+家を考えると総額が安くなることも考えられます。

なんとなくまとまっているが、日常生活で不便を感じるような家は、暮しに基本となるコンセプトが足りないのでは?

最近は、分譲住宅でもコンセプトを明確にした物件が増えてきていますから、そのような家を見学して参考にするのも良いでしょう。

家族の暮し方を考え、コンセプトを明確にして暮す家こそが、本当の意味の「ゆとりある暮し」を手に入れられるのではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/675-78822942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。