家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >床暖房の種類と特徴HOME > 住まいの情報 >床暖房の種類と特徴
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

床暖房の種類と特徴
yoyogi.jpg
一日ごとに真冬の足音が聞こえるような気候になってきましたね。

この季節になると、住まいの暖房設備はどれが良いかという質問が大変多くなります。
特に、近年は「床暖房」が身近なものになってきたようで「熱源はどれが良いか?」とか「○○会社の商品は」といった内容が多くなっています。

以前なら床暖房は「憧れの設備」でしたが、住まいへの価値観の変化や、価格も手ごろな商品が増えたせいか「欲しい設備」になってきたようです。床暖房には「温水式」と「電気式」があります。

温水式はボイラーで沸かしたお湯を床下のパイプに循環させて暖房する仕組みで、熱源はガス、電気、灯油とあります。最近は、エコキュートにも床暖房対応の機種がでてきています。

電気式はフローリングとヒーターが一体となった物や、ヒーターを内蔵したパネルやフィルムを床下に敷いて電気を通し、その上にフローリングなどの床材をはる方法です。
他にも床下の蓄熱材に熱を蓄えるタイプで割安な夜間の深夜電力を利用できるタイプがあります。

それではそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみます。

<ヒートポンプ温水式>

最近需要が伸びているこの方式は、ヒートポンプを利用し床下のパネルに温水を循環させ床を暖めるタイプで給湯器兼用、エアコン兼用の2タイプがあります。

・メリット

ランニングコストが安いので、広い部屋(居間など)を長時間利用する生活スタイルに適しています。
特にエコキュートの給湯兼用なら夜間電力でお湯を沸かすため、消費電力は従来の1/3となり経済的です。

・デメリット

設備配管などに手間がかかり、イニシャルコストは他の床暖房設備に比べ高くなる。
部分的な部屋の床暖房などには効率が悪く、給湯器のスペースが必要となる。
給湯器は定期的なメンテナンスが必要。

<電熱線式>

電熱線式は床下に内蔵した電熱線のヒーターで床面を暖めるタイプです。

・メリット

イニシャルコストが安く、サーモスタットや温度ヒューズも内蔵され安全性が高く施工性も良い。
部分暖房が容易にでき、メンテナンスフリーといえる。

・デメリット

ランニングコストが高い。(昼間長く利用する場合には他の方式に比べ割高になる)

<床材温度制御式>

面状またはチップ状のヒーター(発熱体)で床面を温めるタイプで、ヒーターの温度が一定以上になると電流がOFFになり温度が下がると再び発熱します。

・メリット

施工性が良く、特にリフォーム工事には適していて、メンテナンスフリーです。

・デメリット

電熱線式と同じくランニングコストが高く、昼間長く利用するには他の方式に比べ割高になる。

<蓄熱式>

蓄熱材に熱を加えて床面を暖める方式。

・メリット

深夜電力利用で低コストで24時間暖房が可能となるため、特に寒冷地におすすめ。
メンテナンスフリー

・デメリット

初期設備導入費が割高


このように床暖房にはタイプによって特徴がありますが、生活スタイルにあった選択がベストといえるでしょう。

床暖房は輻射熱で、部屋の空間を均一な暖かさを保つことができるますが、気密性や断熱性が劣ると効果は薄れてしまいます。
また、吹抜け階段などの煙突効果のある空間は、全体が温まるまでの立ちあがり時間がかかります。

床暖房を効率よく利用するには、空間計画にも注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/679-01d3adb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
DeLonghi オイル・ラジエターヒーター DRAGON 3 新X字型フィン9...
2010/11/19(金) 15:52:33 | 見つけました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。