家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの祭事HOME > 家づくりノウハウ >住まいの祭事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの祭事
hana05_90x90.jpg

家を建てるときは、昔から工程ごとに、いろいろな式典がありました。
地鎮祭や上棟式、完成祝い、などは一般的ですが地域によっては、その他にもいろいろな行事があります。


地鎮祭

祭壇に神霊を招き、「のりと」と呼ぶ氏神を始めとする神々に、お祝いの言葉を奏上します。

建築する土地の「四方を祓い」清め、土地に「鍬入れの儀」を行い、「玉串奉天」をし、土地の永遠の安定と、工事関係者などに災いが生じないよう祈願するものです。

祭壇の用意は工事業者や神主が行いますが、一般的に施主側がそろえる物は次のようなものです。

1,初穂料(施主から神官への謝礼金)

2,米(約3合) 神酒(1升) 塩(コップ約1杯)

3,海の幸 (鯛、スルメ、コンブ、ワカメ、ヒジキ等)

4、野菜 (大根、人参、ゴボウ、などで根をはるものが良い)
  果実 (りんご、みかん、バナナ、梨等)

地域や神官によって、供え物や初穂料は違ってきますので、事前に確認して下さい。

地鎮祭は神社系ばかりでなく、仏教やその他の宗派でも行っていますよね。

私は仏教系やキリスト教の地鎮祭にも出席したことがあります。

キリスト教では、神父が先頭に立たって土地の周囲に聖水を撒き、そのあとを地鎮祭用の賛美歌を参列者が大声で歌いながら歩きます。
布教のために、地域に迎合したものと思われますが、近所の人達が見に来て大変はずかしかった記憶があります。(カトリックかプロテスタントか忘れてしまったので神父と表記しました。)

京都
上棟式

上棟式は正式には神官を呼んで行うものですが、大工の棟梁が仕切り、行うものは建前(たてまえ)、建舞(たてまい)などと呼ばれています。


工事の安全と竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、建物の棟木を上げるときに行われ、式の方法や次第には神社のような規定はなく地域によっても違います。

屋上や2階に祭壇を設けそこで行うものや、祭壇のみ屋上や2階に設けて祭祀は地上で行うもの、祭壇も祭祀も地上のものなど様々です。

上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行われたあと、現地で直会(なおらい)が行われます。

一般的に施主が用意するものは、次のようなものです。

1.塩、お神酒(1升一本)、洗米→上棟の儀
2.料理、飲み物→宴席
3.ご祝儀(工事関係者へ)
4.引き出物、折り詰め等

昔から行われていた上棟式は、上記のような内容ですが、現在は現場での宴席で飲酒すると車で帰れないので、このような上棟式は少なくなってますね。

また、ハウスメーカーでは上棟式は予定外とし、施主が希望しなければ特に行わない所が多いです。

建築工程上の一区切りとして、また施主と施工者(大工など)の親睦の場としても上棟式は存在しました。

本格的な上棟式は行わなくても、上棟時期に施主と業者がお茶を飲みながら歓談する風習くらいは、残したいものですね。

新築祝い

新築祝いは施主それぞれの内情で行えば良いとおもいます。
新居で新築祝いを行う場合、宴会で盛り上がって新しい家を傷付けないようにしましょうね。

その他

住まいの祭事はこのはかにも、新居に入居する前に建物のコンロなどに火を付け、神棚に灯明をともす「火入れ式」という行事が残っている地方もあります。

他にも地方によっては、いろいろな行事があると思います。人生の大事業の家づくりです、独特の文化、風習を伝えていくのも良いのではないでしょうか。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/68-795a1f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。