家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >床下に水たまりが・・・HOME > 建築現場 >床下に水たまりが・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

床下に水たまりが・・・
xxlp.jpg
「新築住宅なのに床下に水たまりがあるの?」と皆さん思うでしょうね。これが意外とあるのですよ。

なぜそのような状態になるかというと、現在の住宅の一階の床は大半が床下地をすると、土間基礎のコンクリートが見えない合板系で施工します。
そのため、建て方工事中に雨などに降られると、床下地表面は雨水を処理しても床下に伝わっていることが多いのです。

床下の土間コンクリートは防水シートを敷いて施工しますから、雨水は浸透せず水たまりとしてのこってしまいます。
土間コンクリート自体は見えないので平滑に仕上げませんから、あちらこちらに水たまりとなっている場合があります。

建築工事中の天候でおおよそは乾いてしまいますが、換気状態が悪かったり、湿気の多い場所の建物などは乾燥せずに水たまりとして残ってしまう場合があります。

特に、2X4工法は床、壁、と施工して最後に屋根を架けますから、屋根工事完了までの期間に雨に降られると、雨対策を施していても床下に水たまりができやすくなります。

施工者側も、雨がしみているのはわかっていても「そのうち乾くだろう」という考えのところが多いのです。
確かに、乾燥してしまえば問題ありませんが、最近の家は気密を重要視する造りとなっていますから、一度水たまりができると施工が進むにつれ乾燥しづらい家となってしまいます。

私も工事途中や完成検査で床下点検口(床下収納庫)の場所から除いて、水たまり処理を何度も指摘したことがあります。
引き渡しまでに乾燥せずに水たまり状態ですと、床下の土台などの床構造材にカビが発生し腐食の原因になりますから建物が長持ちしません。
施工業者は完成時の表面クリーニングは上手ですが、見えない床下までは気が利かず確認もしないで引き渡す業者もいるようです。

注文住宅だけでなく、建売り住宅でも表面の化粧された仕上げばかりに気を取られず、このような見えないところの点検が大事ですよ。

また、床下の水たまりは施工中のことだけとはいえません。
生活が始まってからでもキッチン、洗面化粧台、洗濯機・・・などの水回りは、給水管、排水管などからの漏水もあります。
給水管は水圧がかかっているのですぐわかりますが、排水管などは水が漏れていてもわかりませんよ。

施工が雑になっていたりすると、地震などが排水管の漏水原因になる場合もあります。
私の経験では、毎日の洗濯量が多く頻繁に使用するので洗濯機の振動で、排水管接合部にズレができ漏水していた例があります。

このように、床下は普段見えない場所なので、なおさら定期的に床下収納庫などから除いて見るようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/682-51409fd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。