家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >火のない暮しHOME > コラム >火のない暮し
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

火のない暮し
ggpp.jpg
半年前にオール電化で家を建てた方のお宅を訪問しました。

ご主人と雑談をするうちに飾り棚の隅に、昔懐かしい「徳用マッチ」がおいてあるのに気が付きました。
「おお、珍しいものがありますね」というと「ええ、私はタバコも吸いませんからライターも持たないし、オール電化にして気が付いたら家の中に全く火の気がなくなっていました。」

確かに給湯器はエコキュート、キッチンはIHヒーターでは火の気はどこにもありません。

「夏に香取線香を付ける火もないし、これでは停電でもしたらローソクに火も灯せませんからね、それまではいつもガスコンロが代用していたのですが・・初めてマッチを買いましたよ」といっていました。

「うーん、確かにオール電化は安全ですが生活する上では火も必要ですね。」

そのような会話していると奥様がお茶を出してきて、「IHヒーターはとても気に入ってますよ」
年配のご夫婦ですが、IHヒーターに抵抗もなく調理を楽しんでいるようです。

「掃除も楽ですし、何よりも火が出ないので孫たちが台所に来て遊んでも心配ないですからね」

お茶を飲みながら、新しい家の生活をいろいろ話しているうちに奥様が気になることを言いました。

「IHヒーターは便利なのですが、このまま火を使わない調理ばかりしていても良いのでしょうかね?」
「このままだと子供たちや孫たちの世代に、調理の火加減などを教えられなくなってしまいますよね」

IHヒーターは便利で、煮物、焼き物でも火の調理と変わらない設定ができます。
しかし、キャンプなどの野外活動で調理する場合は火をつかいますよね。

人類は旧石器時代から火を使うことで火に対する恐怖も知り、他の動物と違い進化をしてきました。
また、火によって調理の文化を築いてきました。

電化製品が日常生活の大半をしめどんどん進化し成長していますが、成長の限界が地球環境の悪化とともに近づいているような気がします。

入居後の気楽なお宅を訪問のつもりが、重いテーマに出会ったような一日でした。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/684-38b5aae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。