家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >無垢(むく)材の質感HOME > コラム >無垢(むく)材の質感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

無垢(むく)材の質感
tree_woods.jpg
最近は、シックハウスやエコブームの影響か、無垢(むく)の床材(フローリング)を使う方が多くなりました。

一般的にフローリングと呼ばれる物には合板に加工されたものと、天然のまま木材が使われている無垢材があります。
みなさんの中にも「無垢のフローリングにはあこがれるが、高くて贅沢でとても手が出せない・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに無垢のフローリングは高級品が多いですが、節が結構多い米松系(パインなど)のフローリングだとそこそこの価格で手に入るので、よく売れているそうです。

無垢材の魅力は何と言っても、木のぬくもりがあることでしょう。
昨年、「薪ストーブ+無垢で出来た木の家」をテーマに家を建てた家を訪問してみると、玄関先にスリッパが置いてありません。靴下のまま歩いてもこの時期なのに、合板床などで感じるヒンヤリ感がありませんよ。

無垢のフローリングや壁材が、日昼の太陽熱や薪ストーブの熱を内部に蓄えているのが肌で感じます。

オーナーの話では「梅雨時でもそれまで住んでいた家と違い、室内にいるとそれほどじめじめしません」という話です。どうやら無垢材の調湿機能が有効に働いているようですね。

また、「家に帰るとこれまでと違い、やすらぐというかホッとするというか、気が落ち着きます」ともいっていました。これこそが、健康促進効果があるといわれている、無垢材の持つ森林浴効果なのでしょう。

「無垢材は手入れが大変なのでは・・」とよく聞かれます。
しかし、表面貼り物の合板と違い、キズや汚れも本物ならのものであり、気になるならサンドペーパなどで擦って落とすこともできます。 なんといっても無垢材の「使い込んだ味」は、合板建材では体験できません。使い込み次第、手入れ次第で味がでて、いろいろな顔を見せてくれます。

ブログの質問に「無垢フローリングを使うのですが、床暖房でも大丈夫でしょうか?」というのがありました。
床暖房をする場合は、熱によるソリやクルイを押さえた床暖房専用に加工された無垢フローリングがありますが、100%とは言えませんし、幅木も無垢材の場合は、隙間などがでますのでシーリング処理などが必要となります。

また、床暖房にも種類があり蓄熱式の床暖房をおすすめします。
床暖房の種類はこちらに出ていますので参考に「床暖房の種類と特徴」

今回の訪問で、現在の住まい空間は、合板やクロスなどで、きれいで高級感に満ちた空間をつくるのが一般的ですが、節があっても本物の無垢材の中で暮らすのが「本当の贅沢な暮し」なのだと感じました。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/686-e6226bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。