家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >777万円で家が建つ・・?HOME > コラム >777万円で家が建つ・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

777万円で家が建つ・・?
WS0.jpg
「777万円で家が建ちます」皆さんもご存じの某ハウスメーカー○○設計のキャッチコピーですよね。

このブログを読んでいる方なら相手にしないでしょうが、やはりこのご時世、安い家には興味が尽きないもので気になる方も大変多いようです。

私の所にも、「本当に777万円で家が建つものでしょうか?どこまだの仕様が含まれて・・・」といった問い合わせがありました。

私は、○○設計の建物は外観のみ見てますが、内容は知りませんので明確な回答はせず「客寄せパンダ効果をねらったCMですよ」とだけ返答しました。

冷静に考えても本体価格のみで、その他に、外構、外部給排水、確認申請費用などの諸費用が別途で必要となります。 その本体にしてもどこまでのグレードで構成されているのかですよね。

安いと思って話を聞きに足を運ぶと様々な追加内容の説明を受けることになり「なーんだ、結局は777万円では建たないのか」となります。



でも、相手側もそれは百も承知で、「現実にこの内容なら777万円で建物のみは出来るのです。諸費用はどこの建物でも同じように発生しますし、建物本体を安く抑えお客様の生活に必要なもののみをオプションとして加えていけばローコストで家が出来るのです。」といったような説明がされ、売り込みが始まります。

要は「777万円で家が建ちます」は、家を建てたい方の顧客名簿集めの戦略でしかありませんよ。
「坪28万から家が建つ」などもまったく同じ営業戦略です。
完成してみれば他の同じような住宅と、同じような建築費になっています。

現在ネット上では、同じような営業戦略が住宅業界だけでなく物販の通販商品でも多く見られますよね。
「無料サンプル提供」「今なら初回商品無料提供」・・といったCMが非常に多くなっていませんか?

これらは「フリー戦略」といって、顧客獲得をねらった「囲い込み戦略」なのです。
「初回商品無料」につられ、メルアドを登録するとその後次々と売り込みメールの山といった経験はありませんか?

さすがに住宅は無料商品というわけにはいきませんから、「777万円で家が建ちます」といったCMになります。

私が危惧するのは、最初の家づくりのアプローチをそのような住宅から始めてしまうことです。

お客様にすれば、安い家を探しているのでスタートが低コストで、自分たちの必要なものだけオプションにすれば納得と考えるかもしれません。

しかし、その時点でまんまと住宅会社の戦略に嵌まっているのです。

住宅会社側は「777万円」の家を建てる人をさがしているのでなく、集客した顧客のオプション内容で利益を上げていくのです。

そうでないと、完成したら坪単価は相場並みにはならないですよね。

もともとの「777万円」の原価構成にしても利益は計算され、住宅というからには、最低生活の空間と設備はそろっているのですから、構造体に至ってはかなり低コストに抑えないとCMのような単価設定はでてきません。

要は、「オプションを増やしてグレードを上げ、見栄えを良くしたところで、肝心の骨組みは・・?」ということです。

家づくりは、いつのまにか通販商品と同レベルの営業戦略が展開されるようになってしまいました。

そこは美味しそうなエサで顧客を集め、売り込み戦略が成り立つことが最優先の世界のようですね。

住まいをローコストで設計して建てるのと、ローコストメーカーで建てるのは根本的に違うことを知ってください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/692-ba3acbfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。