家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅業者のデメリット比較HOME > 住まいの情報 >住宅業者のデメリット比較
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅業者のデメリット比較
jllo_20101215210747.jpg
家づくりを考えるとき、素人にとってあちこちに注意しないといけない点があります。

まず、注文住宅は請負契約が基本で大手から個人企業に至るまで同じですが、このような契約体型は個人では通常ものを購入する場合にはありませんよね。

注文し、完成までの工事期間があるからですが、契約先企業が全工事を直接施工するのは少なく、大手から地元工務店までが元請と下請に分かれ工事をしますから、工事内容や予算面など様々なトラブルが発生します。

このシステムは元請は中間マージンを取って下請けに仕事を任せますから、いつまでたっても高い住宅となります。
「当社はローコストシステムですから坪単価が安く」といっても、同じシステムですから、オプション工事が増える仕組みとなっていて、結局まわりの相場と同じような家ができあがります。

営業マンの話は自社の良いことと、競争会社の悪口しか聞こえてこないですよね。

判断基準がないから、値段は比較できても、安心できる業者かはわからないのが現状です。

このような中で、自分にピッタリな家を建ててくれる業者を探すのは至難の業と言えるでしょう。

それでは、それぞれの住宅会社のメリットはさておいて、デメリットだけまとめてみましょう。

<個人大工>

技術レベルに差があり、腕の良い大工を見極めることが出来ない。
特に、本格木造住宅が少なくなり徒弟制度の崩壊とともに、下小屋(加工場)など持たずプレカット加工に頼ることが多くなり、墨付け作業がなくなり本来の大工技術の継承がされなくなった。
ハウスメーカ専属下請け業者は、大工というよりっも組立工に近い。
職人気質タイプが多く、一般に施主の要望が通りにくい。

<工務店>

一般的に設計施工において、大手に比べレベルが落ち、客観性に乏しい。
施主は、予算配分がわからないので工務店のいいなりになりやすく、選択肢は工務店の知識レベルの範囲で狭くなりがち。施主が住まいの思いを十分に伝えないと、満足度は低くなる。

<フランチャイズ業者>

フランチャイズ業者は、工務店などが大手に対する対抗策として、営業幅を広げるためにフランチャイズに加入する場合と、ノウハウを買って、実績、経験、技術力などがなくても家を建てている業者とがあります。
後者の場合、素人でもお金さえ払えば始められるので、効率や採算が最優先されています。
特に坪単価の安い所は、余分な中間マージンが増えているので、商品自体はバーゲン品に等しいといえる。

<ハウスメーカー>

本来、工業化住宅を基本に価格を抑えて、営業面に力を入れているので「家を建てる」のではなく「家を売る」スタイルとなっている。
そのことから、住み心地や施主の希望などは無視されることも多く、企業側の企画仕様範囲内での家づくりとなる。
また、賃金を抑えた下請け業者がつくるので、心のこもった仕事は期待できず標準仕様に合わせた仕事となる。

営業マンがほとんど対応し、わずらわしい面は全てやってくれるが、肝心の設計や施工面での知識に乏しい。

<設計事務所>

設計事務所は打ち合わせに時間を掛けるが、設計士の思い込みが入りすぎる場合がある。
住宅専門の設計では事務所の維持が困難なので、少ない住宅設計の依頼があると、事務所宣伝や他の住宅業者との差別化を意識して、デザインや外観が優先され、一般的に施主の予算よりも予算オーバーの設計になりがち。
また、現場の経験がなかったり、現場の作業工程や納まりを知らない設計士などは、施工できない設計をしたりする例もある。

今回は、それぞれの業者の良い宣伝はチラシやネット、営業トークで十分わかるでしょうから、あえてデメリットだけをまとめてみました。

ここに出ている内容が全てというわけでなく、一般的な傾向を書いてますから住宅業者をよく見極めて対応してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/698-24a73869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。