家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >冬型の結露HOME > 住宅設計 >冬型の結露
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

冬型の結露
ddpt.jpg
結露は雨季の梅雨時期だけでなく、冬にも発生します。
冬型の結露を抑えるポイントは、湿度を抑えることよりも冷たい部分を作らないことと、換気が重要になります。

暖房機の石油(又はガス)ファンヒーター(室内排気タイプ)は、燃焼時に水蒸気を発生しますので、これらの器具での結露でお悩みの場合、エアコン、蓄熱暖房機などの水蒸気を発生しない機器をおすすめします。

生活をするうえで、調理、入浴、洗濯、人体の発熱による汗などで多量の水分が発生し、この発生した水蒸気が冷たい窓ガラス、サッシ、さらには壁紙で冷やされ結露となります。

これらのことから、全館冷暖房の高気密高断熱住宅だとしても、100%結露を防ぐことはできないのです。
特に冬季は、24時間換気の空気の流を冷たく感じ、換気を止めてしまう方がいますが、これは結露の大きな原因となります。

結露の根本的な対策は、窓、壁の断熱性能を良くし、室内が各室均一な温度の快適空間環境をつくり、換気を常時行うのが理想なのですが、それでは予算的に大変ですよね。

「現在の結露を何とかしたい」という方は、その部屋の換気を良くすることを考えてください。

隙間風だらけの昔の家は、冬場は室内が乾燥しすぎており、暖房された熱があたるガラス面だけ結露しても、部屋全体や壁面が結露するようなことはありませんでした。

現在のように気密・断熱の意識が高くなっても中途半端な換気計画が結露を発生させるのです。

以前にも毎年冬になると洗面所と隣接した納戸が結露し、クロスに大量のカビが発生したお宅がありました。
調べてみると、換気扇がなく常に水回りの湿気がよどんだ空間となっていましたので、納戸に専用の小型換気扇をつけ常時運転するようにしたところ、すぐに結露はしなくなりました。

また、現在は24時間換気で各室のドアはアンダーカットされ空気が流れるようになっていますが、引き戸の場合、建具に通気口を付けるのも換気効果が促進されます。

これから家を建てるという方は、前述の窓、壁の断熱性能と換気計画に注意し、平面計画上空気がよどむとことがなく流れの良い間取りにすることが大切です。

日本には四季があり、冬季だけでなく各室の通風は年間通して住まいの大切な要素となります。
これらを無視すると、「冬寒く、夏むし熱い家」となってきますから注意して下さいね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/702-e56a0de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。