家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >何を設計するの?HOME > コラム >何を設計するの?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

何を設計するの?
oppi.jpg
住まいの設計をしていると、外観や、キッチン、インテリアといったデザイン面など、見えるものがわかりやすいせいか、そういったイメージで見る人が多くなっていますね。

しかし、家を設計するには、構造、予算、材料、安全・・・と様々な要素が絡んできます。

先日も初めてお見えになった方が「間取りの話もなしに、高気密断熱で、太陽光発電+床暖房にして、サッシはLOW-入り木製サッシで、そうそうアイランドキッチンに・・・」といった具合に、間取りなどの生活上の要望よりも性能や商品を優先した話でした。

あまりにも豪華な内容に予算を聞くと、想定される額の半分にも満たないのです。

このように、最近はいろいろな情報があふれ、何を基準に考えたらよいかわからなくなっていないでしょうか?

私が「どれもこれもでは、とても予算内で対応できません。まずは、お客様の生活空間の間取りをつくって、どのような生活をするかで、取り入れる機能を考えてはいかがでしょうか?」というと、こちらの説明が悪いのか、私の真意は伝わらず、いかにも「それを考えるのが設計者でしょう」と言わんばかりに気分を害して帰っていきました。

情報化社会の弊害でしょうか?

「住まいとは何を設計するのか」と問われれば、私は最新の商品や機能ではなく、生活空間の設計と考えています。
住まいは、住み手の生活を包み込んだ器であって、それぞれのライフスタイルに合わせた機能が優先され、それにあったデザインが求められるべきではないでしょうか?

例えば、ハウスメーカーには優れた設計士がいて、毎日住まいの設計業務をしています。
その内容は、自社商品の企画開発や構造、デザイン・・などに専念しています。
それらはターゲットがあって、「子育て層価格商品」「高級志向商品」・・・といった具合に不特定多数を想定しして、自社商品の開発です。

これらも設計業務ですが、あなの家を対象に設計したものではなく、様々な提案を織り込んだ企業商品を設計してあなたが気に入れば買ってもらう住宅ですから、現場で組み立てる車のようなものです。

また、このような商品は、工場規格が主流ですから、不整形の土地には対応できなかったり、自分の色を出してオプションが増えれば大幅に価格がアップします。

そもそも、住まいは土地と周囲の住環境によって設計の要素が全て違ってきます。
それらを無視した住宅規格商品は、設計と言わず製図でしかないと考えます。

とは言っても、現在の住宅産業全体を見ると住宅会社倒産などの不安も多く、大手メーカーは「安全・安心」「簡単・手間いらず」「選べる」・・と人気がありますよね。

さて、あなたは大手メーカーの手間いらずを選ぶのか、それとも私の言う設計で家う建てるのでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/718-67639398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。