家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >元請けと下請けHOME > 建築現場 >元請けと下請け
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

元請けと下請け
mkop.jpg
建築業界は元請けと下請けの関係で成り立っています。

工事の規模が大きくなると、下請けだけでなく孫請けまで発生しますよ。

住宅業界も同じです、規模の小さな工務店などは、直営工事の率がまだ多い方ですが、大手ハウスメーカーになるほど工事の下請け依存率は高く、どこも自社工事部門はなく分離発注管理ならまだ良い方で、ひどい所は一括丸投げ発注の場合もあります。

要は請負金額を下請業者ごとに分割し、金額の頭をハネて発注するのです。
ですから、元請け会社(ハウスメーカー)は、工事の監理が専門で実際に施工する職人を社員として抱えているわけではないのです。

基礎工事、屋根工事、大工工事、左官工事、外壁工事・・・と見積書を見ると見覚えのある項目は、全て下請けの外注工事です。

この元請けと下請けの関係は、予算と施工内容をめぐり様々な葛藤とトラブルの世界ともいえます。

元請けは「少しでも安く発注し利益を確保したい」に対し、下請けは「安いが仕事が確保できるのなら」といった関係が一般的でしょう。

また、下請けはそれなり情報網を持ち、元請け会社の経営状況を常に察知しています。
最近よく聞くのに、「契約金を払ったのに、工事が途中で中断したまま始まらない」という話がありますよね。

これは、元請け会社の経営事情だけでなく、その経営事情を察知した下請け会社が仕事を請け負わない場合も多いのです。
下請けにすれば、親が飛んでしまえば仕事に対する入金はありませんから「あそこは危ないらしいよ」という噂がでれば、蜘蛛の子を散らしたように逃げてしまいます。

大手メーカーになるほど一件の家での外注方式の下請けは細分化され、現場監督は住宅施工をトータルに管理するのではなく、下請け業者の仕事の管理が主といえましょう。

以前知人から設計を依頼され、施工は某大手ハウスメーカーにという仕事をしました。

基本設計と現場第三者監理で、細部の納まりなどはハウスメーカ仕様に任せるほかありません。
現場が始まり、現場で施工状況や細部のおかしな納まりを現場監督に聞くと、全て下請け業者に連絡してからの返答です。

「おまえは下請け業者の監督であって、工事施工の監督ではないのか!」と怒鳴りたくなってしまいました。

大手ハウスメーカーでもこの程度なのです。

営業トークで「うちは施工体制がしっかりしていて安心できます」といったところで、現場施工のレベルから工期に至るまで、全て下請け業者に左右されるといっても過言ではないでしょう。

逆に考えると下請けが、きびきび、はつらつと働いている現場の住宅会社は、安心できると言えるかも知れませんね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/719-1981b584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。