家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >設計事務所の力量HOME > 住宅設計 >設計事務所の力量
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

設計事務所の力量
sketo.jpg
最近「地元の設計事務所に仕事を依頼したいのですがどのような点に注意したらよいでしょうか?」という質問がありました。

その方の説明では、その設計事務所が設計する建物が気に入り、住宅設計の依頼をしたいが、デザイン面は気に入っているので、その他の面での注意点ということでした。

まず、設計事務所の建物のデザインが気に入ったとありますが、一般建築と住宅では設計の質が違ってきます。
例えば、事務所ビルなどですと平面的には基準階のプランが出来れば同じ間取りの積み上げですから、外部デザインが建物のイメージを決定します。

しかし、住宅の場合は、施主の生活を設計することがメーンですから、住宅設計の経験が多いほど安心できる設計事務所といえるでしょう。

また、設計事務所に依頼する場合、予算や設計内容に幅を持っておくことも必要でしょう。
なぜなら、設計をして数社の建築業者から見積を取っても、どこも予算オーバーということがあります。

これも、住宅設計の経験が少ないところほどなりがちです。
設計事務所の場合、工事の積算は標準設計単価を基準に考えていますが、実施工単価の把握はどこの設計事務所も正確にできないのが現状です。

各部の設計を想定予算で積み上げていきますが、大半は予算オーバーのスタートとなりますから、時間がかかると思った方がよいでしょう。

その時点で、設計、予算などの変更の打ち合わせがあれば良いのですが、中には施主に予算を把握できなかった弱みを見せたくないせいか、最低価格の業者に押しつけてしまおうという設計事務所もありますが、結局業者との癒着しか生まれませんから注意しましょう。

さらに、競争見積の最低価格業者と契約すれば良いとは限りません。

現在のような不景気の時代は、仕事欲しさに予算を度外視した見積を出す業者もいて、そのような所と契約しても決して良い結果は生まれません。

最低価格業者の見積が他の業者の見積と比較して適正かどうか見抜き、どの業者の見積が最も適正か判断できる力が必要となります。

住宅設計はどうしてもデザイン面から考えがちですが、「デザイン」「構造」「予算」「材料」「安全」・・・と、全ての面での設計力と業者監理力が求められます。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/721-37ebb40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。