家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >HMと工務店では業者や材料は・・・HOME > リンク集 >HMと工務店では業者や材料は・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

HMと工務店では業者や材料は・・・
sakura-s4k.jpg
家を建てるときには、さまざまな不明点、疑問点がありますよね。

ここでは、業務上私が過去に質問された例を紹介して行きますので、これからの家造りに参考にしてください。

★ ハウスメーカー(HM)と工務店では、下請業者や材料は
  違うのですか?


下請業者の違い

HMと工務店どちらも、建設地域を地元としている大工さんや各種下請け会社が現場にはいりますので、見積時点で競合した工務店の大工さんが、HMの現場に入っていたなどの例もありますよ。

各種下請業者は専門職種ですから、多くのHMや工務店に営業展開しています。

腕や評判のよい大工や下請業者は、どこでも採用したがりますので、HMも工務店も同じ大工や下請業者を使っているのが多いです。

特に大手HMは、現場監理書類などのチェックが多いので、そこで教育された業者は工務店も管理が楽なので重宝しますし、またHMの現場監督は、現場実務より管理教育で育ってますから、工務店のしごとでもまれた、現場応用性のある大工や下請業者を、現場監督の経験不足を補う上で重宝します。

私の経験では、工務店は規格品ではなく、1棟づつ仕事内容が違うので各現場ごとに管理内容もことなり、作業内容や業者手配に細部まで配慮します。

逆にHMなどは、規格住宅が多いので現場作業よりも書類などで下請業者そのものを指導、管理する傾向になっています。

  

材料の違い

HMの建物は、構造認定を取得している建物 (2X4、在来工法を扱う場合は別)で、構造体に関しては工場加工されますので違ってきます。

その他の建材、各種資材、住設機器などは基本的に一般市場にある同じものです。

HMの場合は、年間契約などで大量に商品を発注し材料のコストは工務店より大幅に安く仕入れます。

特に大手HMは、安く仕入れた材料を支給し現場は作業のみの型式ですが、工務店の場合、部分的に分離発注する工事もありますが、材・工、共で発注する工事のが多いので、工事原価の上で差が出ます。

その差が広告宣伝費、営業経費、研究開発費、人件費・・・などになり、工務店との違いとして表れます。

特に、大手HMは自社オリジナル商品と称して、建材(内外装品)や住宅設備機器などを、他社のHMや工務店と差別化をはかっています。

これは、特に優れた商品としてではなく、表面仕上げ材の色やデザインを変化させ、自社イメージを特化させたものですね。

例として、日本に洗面化粧台の販売メーカーは、何十社とありますが、化粧台の製造メーカーは3、4社程度しかありません。

各社の商標プレートを換え、デザインやカラーを換えて発送されているだけで、大手HM自体が工場生産してはいませんよ。

このような格差を埋め、生き残りを賭けてフランチャイズシステムに加入する工務店も増えてます。

このシステムは、加盟店がフランチャイズが開発した工法の建物を、建材や部材まで購入し、ランチャイズと加盟店が共に営業活動をしていくシステムです。

材料購入や宣伝の面では、HMに近いスタイルになってますが、加盟店をサポートし顧客トラブルも本部が責任をもって対応するタイプと、部材の供給だけで加盟店のサポートやトラブル対応には無責任な本部の所もありますので、注意が必要です。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/74-2586e1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。