家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >税金に敏感にHOME > 資金計画 >税金に敏感に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

税金に敏感に
a0srio.jpg
家を建てる時、買う時に注意しなければいけないのは「業者側のトークを鵜呑みにするな!」ということです。

超低金利に住宅ローン減税、建築価格の底値・・など、「家を買う」のにオイシイ条件がそろっていますよね。

住宅やマンションの広告やチラシには、「家を買うなら今、家賃並みで家が買える!」という文字が躍っています。

「家賃並みで家が買える、借りるより買ったほうがお得」というキャッチフレーズは、家賃と同程度の支払いで不動産を取得できるのですから、購買意欲をかりたたせます。

しかし、良く考えるとそれは「売る側のセールストーク」なのです。

特にマンションなどは修繕積立金や管理費、といったコストもかかり、ローン支払いを家賃並みに計算していたら大幅に計算が狂ってしまう例も多いのです。


チラシなどに出ている「毎月の支払額」は、お得感だけを優先的にアピールするのに、そのような経費が意図的に省かれているのが多いのですよ。

特に注意すべきは税金に関する費用です。

印紙税や登録免許税、不動産取得税、一戸建てなら固定資産税は毎年かかり、負担はばかになりません。

一般のサラリーマンは自分で確定申告をしないので、税金に対する感覚が実感としてない方が多いようです。
家を購入して初めて「こんなにも税金がかかるなんて知らなかった」という方も多いのです。

税金の計算なく、単純に「借りるより得」という理由で自宅を買おうと思っているなら「得どころか損」になってしまいますよ。

一例ですが標準的なマンションの「購入」と「賃貸」を比較したら、賃貸のほうが月々約2万円、35年では866万円もお得というデーターもあります。

家を建てる、家を買うという方は、税金の計算を必ず忘れないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/740-135b1d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。