家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >中古住宅の選択HOME > リホーム >中古住宅の選択
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

中古住宅の選択
japanese-style.jpg
最近は中古住宅を選択する人が増えているそうです。
それでは中古住宅にはどのような魅力があって増えているのか、またどのような問題点があるのか考えてみましょう。

中古住宅を選択する上で、生活基盤になる「立地条件」「住宅環境」が挙げられます。

それは、「通勤・通学の距離、時間」などや「どの町に住みたいか」といったことなどで、新築の「戸建て」や「建て売り」「マンション」などに限定するよりも、中古を含めて探すほうが条件の良い物件に巡り合いやすいのです。

何といっても中古物件のメリットは、価格帯の安さですよね。

新築に比べ販売価格が割安ですし、建物の状態に合わせ自分たちの好みや暮らし方にあったリフォームをすれば条件のよい住まいが手に入ります。

中古住宅は経年変化した建物の状態が確認できるのもメリットの一つです。
新築は最初すべてがピカピカでも、施工内容によってはその後どのように痛んでいくからないですよね。

古い建物でも施工の良いものは、住まいの歴史と威厳を感じさせる、素晴らしい物件もあるのです。
また「リノベーション」と称し、最初から販売業者がリフォームを施した中古物件も多くなってきています。

しかし中古物件は、すべてが購入する価値のある物件とは限りませんから、値段が安いからといって飛び付くのは要注意ですよ。

中古物件の場合、「築年数に対するメンテナンスの状態」「なぜ売りに出ているのか」「売主は個人か、不動産業者か」など良く確認しましょう。

特に、価格に見合うだけの物件かどうかを見極めるには、信頼できるリフォーム業者や建築関係者などに同行してもらうと良いでしょう。
建物の耐震性や劣化状況などをチェックしてくれる第3者検査機関もあります。

現在、中古住宅を耐震改修すると所得税控除や、固定資産税の減額など優遇措置がとられています。
また、住宅金融支援機構の「フラット35S(中古タイプ)」も金利優遇制度が取られていますから大いに利用しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/743-840b8fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。