家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >換気計画HOME > 住宅設計 >換気計画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

換気計画
t1-s6.jpg
最近の住まいは、高気密・高断熱の家が多くなり熱環境への意識の高さがうかがえます。
しかし、高気密・高断熱の住空間は内部で汚染物質が発生し、換気量が不足すると「めまい」「吐き気」「頭痛」などの健康障害を起こすのがわかりました。

これらの症状を「シックハウス症候群」と呼ばれていますよね。

このようなことから、高気密・高断熱はもとより、一般の新築住宅も計画換気が、2003年の建築基準法の改正で決められ設置が必要です。

換気システム

新築住宅では、2時間に1回の割合で家全体の空気を入れ替える設備を設置し室内の空気が流れる道筋を計画し、必要な量の新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出します。

家の中の空気を常にきれいで快適な状態に保ち、温度・湿度をほぼ均一に保つ24時間換気システムですが、冬季には気密がよく暖房効果の高い住宅ほど、外気による気流が寒く感じ、吸気口を閉じている家も多くあると聞きます。

このような場合が考えられる寒冷地や、夏の気温が高くなる場所は熱交換型の換気システムが必要でしょう。

また、大気汚染や、煤煙の多い地域は吸気口のフィルターや機器のファンをこまめに掃除してください。フィルターなどが目詰まりしていると、換気システムは数値データーどうりの働きをしなくなりす。

一般換気

窓をあけて室内換気をするときは、2方向の窓やドアを開けないと効果的ではありませんよ、1方向では入った空気は内部空気と入れ換わらづ、すぐに出て行ってしまいますよ。間取り計画でも居室は、必ず窓は2方向設置して下さい。

風呂の換気は入浴後も、窓を開け換気扇を長めに回した方がよいです。
意識的に乾燥させないと水滴がいつまでも残りカビの発生が多くなります。
洋室乾燥機などは効果的ですね。

また、入浴中に戸を開けると水蒸気が隣室や居室に拡散します。
カビ発生の原因となりますので、開閉は少ない方がよいです。
浴室に近い居室にカビなどを発生させないためには、浴室の脱衣室に換気扇を設置すると効果があります。

台所も調理の水蒸気や燃焼ガスからも、水蒸気は発生します。浴室と同じく水蒸気が室内に発散するとカビの原因となるので、マメに換気扇を回す必要があります。

冬季には、空気の乾燥で加湿器を使用する家も多いでしょうが、気密住宅ほど上記の室内で発生する湿度を考えて調整して下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/75-cfd26acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。