家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >閉ざされた家・開かれた家HOME > コラム >閉ざされた家・開かれた家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

閉ざされた家・開かれた家
gllt.jpg
最近の住宅をみていると、安らぎの場である住まいがこのままで、健康的に良いのかと疑問を感じることがあります。

各地の気候は、住まいの構造と生活の仕方に大きな影響を与え、それぞれの地域で独特の地域文化がありますよね。

日本の気候は夏は高温多湿、冬は低温低湿で梅雨もあり一年中湿度の高い国です。

以前の木造住宅ですと日本独特の気候の中、木、土、紙など自然素材で造り自然の気候を家の中に取り入れてました。

現在の住宅は気候は変わらないのに、住まいの構造と住まい方は大きく変化しましたよね。

兼好法師が「徒然草」で「家 の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は 、堪へ難き事なり。」と表現していますが、まさに以前の住宅は夏型の「開かれた家」でした。


しかし、現在は技術の進歩とプライバシーが重要視されるあまり「閉じらた家(冬型)」に変化していますよね。

気候を克服した「閉じられた家」そこには問題はないんでしょうか?

気密を追求するあまり、家の中は湿気とホコリと化学物質で、アレルギーやシックハウスの問題が噴出しました。

しかし、自然素材の家は建築コストが高くなるので、ハウスメーカー商品は、規格型住宅が多く、合板やビニールクロス等の新建材ばかりでは、呼吸しない素材なので、家自身、息ができない状態です。

これでは、家とともに「汚染された空気」も売っているといえないでしょうか?

そのために、わざわざ24時間換気設備をつけなくてはいけません。

「断熱基準は」「Q値(熱損失係数)は」「C値(すきま相当面積)は」と数値ばかり追いかけ、ハウスメーカは競うように表示していますが、室内環境数値を追求しても、それを構成する建物構造が健康な状態を維持されていなければ意味はないと考えます。

以前、自宅を設計した小児科の先生に聞いた話ですが、幼児のアレルギーや喘息が新しい家に住んでいるほど増えていると聞きました。隙間風時代の住まいでは、そのような例は少なかったそうです。

何処にいても冷暖房設備が普及し、生活環境の進歩が冬の寒さ、夏の暑さに対する人体の抵抗力を弱めてしまったのでしょうか?

「開かれた家」とは夏の暑さも冬の寒さも「ほどほどの家」と考えています。

地域の気候風土に合った家で良いのです。
北海度で使用される「トリプルガラスの窓」が一般地域に必要なのでしょうか?。
窓の性能ばかり良くして、壁の断熱性能が悪く壁が結露した例もあります。

自然素材の家は建築コストが高くなると書きましたが「閉じられた数値追求の家」はその数値を維持する費用が高くなります。

昔のような全て自然の素材と言うのは難しい時代ですが、気候風土と対立し全国一律同じような顔をした「閉じられた家」よりも、健康を考え地域の気候を取り入れる「開かれた家」を見直す時代に来ているでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/758-0073a376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。