家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ハウスメーカー住宅のリホームHOME > リホーム >ハウスメーカー住宅のリホーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ハウスメーカー住宅のリホーム
vzgg.jpg
住まいが古くなったり、家族構成が変わったりするとリフォームをする必要がありますよね。

リフォーム工事には、部分的なリホームから構造部に手を入れる大規模なリフォームがあります。

特に注意しなければいけないのは、大規模リフォームの場合、どのような建築業者に頼むべきかです。

既存の家が「在来木造住宅」であれば、一般工務店で十分対応できますが、ハウスメーカー独自工法の家は特に注意が必要です。

現在ハウスメーカー独自工法の家にお住まいの方は、リホームとなると意外と同じハウスメーカーに依頼したくないという人が以外とい多いのです。

それは、建築中のトラブルやアフターメンテ対応の悪さが尾を引いていたり、「価格が工務店よりも高いのでは?」といった理由からです。


しかし、ハウスメーカー独自工法の家はコストを抑えるギリギリの構造計算の上成り立っています。

平面プランの上で、「ここにドアを付けて、こちらの壁をあけて一部屋増築し・・・」と安易に考えただけでは、構造に大きな支障をきたす場合があります。

でも、工務店や個人大工などに依頼すると仕事ほしさから「大丈夫、出来ますよ」と安易に請け負ってしまう業者もいますから注意してくだい。

以前、工務店がハウスメーカーの木質パネル工法の家を増築リホームして、構造を無視した工事をして大きなトラブルが発生した例があります。

私も「○○ホームの家」を増築したいが、いろいろあって○○ホームに頼みたくないという話がありました。

木質パネル工法の「○○ホームの家」の構造は私も知りませんから、間に入って「○○ホーム」と交渉し了解のうえ構造図面を提出していただき注意点を指示され、リフォーム工事を完成させました。

このように、ハウスメーカ独自工法の家(特に木質パネル、軽量鉄骨、2X4など)は、それぞれの構造基準でできていますから、「どうしても同じハウスメーカーに頼みたくない!」という人は、ハウスメーカの了承をえて、構造図を提出してもらい対応しましょう。

ただし、工務店などに頼む場合、ハウスメーカー独自工法を図面上で理解できる対応力がないといけません。

最近は、ハウスメーカー中古物件を安く購入し、リホームして住もうという方が増えていますから注意して下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/763-29525428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。