家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >契約は納得できるまで・・HOME > 家づくりノウハウ >契約は納得できるまで・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

契約は納得できるまで・・
ewmm.jpg
住宅メーカーと打ち合わせが進み大枠の予算も見え、これから詳細の仕様を打ち合わせと思っていると突然「本契約をお願い出来ませんか」という話がきます。

「え、まだ設備や仕上げ材の仕様が決定していないでしょう?まだ納得できないところが・・・」というと、「内装、設備などの詳細打合せは契約してから決めます」という答えが返ってきます。

「ここまで担当営業マンが親身になってまとめてくれたから、まあいいか!」と考えてはいけませんよ。

営業マンは契約を取るのが仕事、それまでの対応は契約が目的の行動なのです。
契約をしてしまえば新規顧客獲得に向けて、あれほど頻繁に通った足が遠退いてしまいます。

その結果、契約してからの詳細打ち合わせは、お客様と営業マンと間で家づくりに対する温度差が生じてしまい、問題が発生しがちとなります。

また、契約後の打合せは設計担当などの技術者に聞き継がれる場合もあります。

その場合、契約までの決めごとや約束ごとが引き継がれていなかったり、打合せの中身次第で、お客様からすれば費用が納得のいかない上積みをされる場合もあります。

「そんな、営業マンとあのとき打ち合わせした話と違う!」といったトラブルが続発していますよ。
中にはどうしても納得がいかず、契約金を放棄しても解約する方もいます。

ハウスメーカーは「詳細は契約してから決めるのが半ばこの世界では当たり前」と言わんばかりですが、契約をしてしまえば主導権はハウスメーカーに移ってしまいます。

本来、注文住宅は姿、形のないものを設計図をかいて契約するのですから詳細仕様が決定しなければ最終的な姿が見えないはずです。その点、ハウスメーカの見切り発車契約は横暴といえます。

例えば、設計事務所が正規の設計料を要求する住宅では、全ての仕様を決めて業者の合い見積もりを取ります。 それによって、その住宅の完成の姿と正しい予算が把握できるのです。

このことからも、打ち合わせ途中の「見切り契約」は絶対に拒否し、納得のいく内容まで詰めてから契約しましょう。

ハウスメーカーの、契約は「見切り発車」見積もりは「一式表示のブラックボックス」ではいつまでたっても「クレーム産業」の汚名から逃れられないでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/771-98efd78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。