家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅定期点検HOME > 家づくりノウハウ >住宅定期点検
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅定期点検
pipip.jpg
住宅会社の定期点検はきちんと行われていますか?

中にはお客様から連絡しないと、何の行動もおこさないところもあるようです。
定期点検といっても、それぞれの住宅会社が決めた規定にのっとって検査するだけで、標準的な規定がありませんから、どこまでまで内容が信頼できるのかは疑問です。

例えば点検で仮に問題があっても、今すぐ直さなくても生活に支障がないなら無視されるような場合もあるそうです。
なぜなら、保証が切れてからの問題発生はリフォーム工事として取り扱えるからです。

住宅会社の引き渡し書類の中に、建物の各部の保証期間を明記したものがあるはずです。
その保証期間が切れてしまえば保証の責任から逃れられますよね。

仮に10年保証の建物の最終点検で、その時点での修理箇所が発生しても10年持ったのだから新規見積によるリホーム工事としているのが一般的です。


最近も「10年点検で外壁の不具合が見つかり150万の見積が出されたが、どこもそうなのか・・」という質問がきました。

10年後でもまだ住宅ローは続くのに150万の負担は厳しいですよね。

このようなことから「住宅会社の最終保証点検は第三者も立ち会いが必要」という声もあります。

しかし、住まいは住む方の使用頻度と維持管理によって、また建物仕様のグレード、地域特性、施工精度などによっても痛み具合に違いがあり一概にはそうとも言い切れません。

定期点検の保証を厳格に規定すると、住宅会社には先の見えない負担ですから建築コストが上がるだけとなってしまいましょう。

しかし、素人目にもおかしいのに曖昧な説明で処理しようとする場合は注意しましょう。
本当に問題がないのか書類の提出などを求めるのが良いでしょう。

このように定期点検といっても形式的なものと考え、普段の点検と維持管理が大切なのです。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/772-b6956dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。