家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >完成住宅の第三者検査HOME > 建築現場 >完成住宅の第三者検査
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

完成住宅の第三者検査
batta.jpg
ネットの相談サイトを見ていたら、次のような気になる相談がありました。

「建売り住宅を建物が建っていない状態で購入し、建物が完成して内覧会(完成見学会)があり、その時現場監督さんと建物の立ち会いがあります・・・中略、一級建築士が一緒に内覧会に立ち会うという会社があるらしく、調べてみたら、5万~10万円位の費用で立ち会って頂けるとの事でした・・・お願いしようかと思っているのですが、この様な第三者の方が立ち会うのは感じ悪いですか?」というものです。

この相談者の方は、第三者の検査を何か勘違いしているようですね。

完成販売の建売を購入の判断をするなら、専門家の目がある程度必要かも知れません。

しかし、建売り住宅住宅でも建っていない状態での購入なら、完成まではその会社の現場監督が管理していますから、建築士に第三者の検査を依頼するなら、着工から完成までの材料・構造・各工事内容の第三者検査のほうが本筋でしょう。


建物の材料や構造、施工過程がオープンにされていますから、設計に注文することは出来なくても工事工程は注文住宅と同じです。

この方は「完成、引き渡しに対し専門家の目で見てもらえれば少しでも安心」という考えなのでしょうが、「自分にはわからないから不安」と感じるならなおさら工事期間中の第三者検査が必要なのですよ。

完成してからでは、専門家であろうが見た目判断しかできません。

肝心の構造体の施工部分は見ることが出来ず、素人が見たのと同じで悪く言えば「仕上がりのアラ探し」となってしまいます。

また、注意しなければいけないのは、第三者検査と称し完成物件を5万~10万円位の費用で営業をしている会社が存在することです。

マスコミなどで騒がれている欠陥住宅問題に付け込んだ「不安解消の便乗商法」といえるでしょう。

住宅会社にすれば、建売り住宅といっても建っていな時点に、建物内容を提示して建てているのですから、完成してから専門家に「あーだ、こーだ」と言われてはいい迷惑でしょう。

相談している方は、「一級建築士が立ち合う」という点に安心を求めているようですが、肩書きに騙されてはいけませんよ。

そもそも、まともな建築士(一級建築士に限らず)なら、住宅会社が設計・監理した建売り完成物件を、第三者検査と称して仕事を営業するようなことはしません。(特に依頼されれば別です)

住宅設計の依頼や仕事がなければそのような行動に・・・?。

建築士とは設計図を書いて、図面通りに施工されているかを現場を監理するのが主な仕事です。

現場に行くよりもデスクワークの方がはるかに多い一級建築士に、見えない部分の施工内容など判断できないのが現実ですよ。

住宅会社が設計して監理した物件に不安を感じ、お金を払ってでも検査を依頼するなら、「良い仕事も手抜きもその道のプロ」である、他の大工さんに検査をお願いした方が、はるかに安く建物の内容もわかります。


  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/782-df54a0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。