家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >長期優良の将来的価値HOME > コラム >長期優良の将来的価値
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

長期優良の将来的価値
cvbb.jpg
ブログに、これからの家づくりや将来の家族のあり方など、考え方させられるような質問がありました。

「家を建てようと考えているのですが、40年程度入居出来れば良いと考えています。将来子供が独立したら、家を売って老人ホームにでも入ろうと考えています。それには高く売るために長期優良住宅にした方がよいでしょうか?・・・本当に長期優良住宅はその時期に高く売れる保証みたいなものはあるのでしょうか・・・それともそんなお金を使かわず、老後の資金にした方が・・」という半分人生相談のような内容です。

相談者はご主人を亡くされた30代半ばの自営している女性の方で、女のお子様が二人いるそうです。

私は、家づくりに関しては古い考えで「長持ち住宅」を大きなテーマとしていますが、背景には代々、手入れして住み継がれる家という考えがあります。

長期優良住宅もそのような考えの基に、問題点を提起していますが基本的には賛成です。

しかし、時代や個人の価値観の変化が、住まいに対する新しい流を生み出しているようです。

長期優良住宅は将来の中古住宅市場を考慮した「優良な住宅のストック」も目的の一つになっていますから、時代背景が生み出したものとも言えるでしょう。

さて、質問の「40年後に長期優良住宅は高く売れるか?」ですが、今の時点では何とも言い難く、他の住宅にない「お墨付き」としての優位性はあるでしょうが、その時点での社会経済の状況としか言えません。

それに、不動産的価値としては長期優良住宅といえど消耗品です。立地条件の方が優位になってしまうのではないかと考えています。

しかし「先の長い人生です。長期優良住宅を建てて、新しい家でお子様との生活を楽しみながら将来に備えてはいかがでしょうか?」というのが私の答えで、ファイナンシャルプランナーなどに相談することもおすすめしました。

さて、あなたはどのように考えるでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/783-c64c341e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
どうすれば、合格できるの?2級FP技能士/AFP試験対策 合格フルセットでは、そんな悩みをまとめて解決!あなたも、ファイナンシャルプランナーになりませんか?
2011/08/04(木) 08:33:36 | 2級FP技能士/AFP試験対策 合格フルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。