家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >隣家とのプライバシーHOME > コラム >隣家とのプライバシー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

隣家とのプライバシー
dpad.jpg
都市部の住宅地では、隣家との壁がほんのわずかしかしか空いていないような所がありますよね。

新設の分譲地は年々狭くなってきて、それだけ家を建てれば空き地が少なくなるようです。
ネットなどを見ると「隣の壁が近く、窓はからはこちらが丸見え、目隠しを付けてほしいが・・・」 というような質問が多く見られるようになりました。

ここで、住宅の外壁は敷地境界線からどれだけ離せばよいか、ご存知でしょうか?
低層住居専用地域(第1種、第2種)の場合、1.5mまたは1mとなっています。

他にも、建築協定や風致地区指定などの場合も外壁後退距離の指定があり、建築基準法ではこのよう になっています。

それなら「それ以外の用途地域ならギリギリでもいいの?」と思ってしまいますよね。
狭い土地を少しでも有効活用するには少しでも空き地を少なくしたいものです。

ただし、民法234条では、「外壁は境界線より50cm以上、離す事」となっています。
(防火地域または準防火地域内にある建築物で外壁が耐火構造のものについては別です。)

でも、この民法を無視して建てられた建物が以前はけっこうありましたよ。
建築士といっても「専門馬鹿」が多く、建築基準法は知っていても、おおやけの「民法」を知らずに施 主のいいなりに建ててしまったのです。

それでは、境界から50cm以内の建物を民法では「隣家から要求されればプライバシー侵害を防ぐ目隠 しを付けなければいけない」と義務づけています。

また、境界から70cm離したからOKであっても、給湯器などが故障したら隣の土地に入って修理しな ければならないような配置計画にはしないようにしましょう。

最近、以前建てた人から、隣に家が出来て東側の窓が同じ位置にあり御見合い状態で落ち着かないか ら良い目隠しはないかという相談がありました。(境界からはお互いに1mの離れ)

サッシーメーカー品を探しても、目隠しルーバーは部屋が暗くなってしまうものばかりです。
しかし、ネット通販でよいものがありましたよ。

取り付けてみると、目隠しルーバーであっても部屋が暗くならず、室内から外もうかがえ、かつ通気 もできる優れた商品です。  サンシャインウォール 

取り付けたお客様も気にいてしまい、道路から見られる位置にあるお風呂にも追加しました。

同じような問題をかかえる人には是非おすすめです。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/790-330773d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。