家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家を建てる準備期間HOME > 家づくりノウハウ >家を建てる準備期間
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家を建てる準備期間
kaki.jpg
ブログの質問で「家を建てる準備期間にはどのような準備をして、またどのようなことに注意し業者を選んだら良いのでしょうか?」という質問がありました。

これから住まいを計画しようとしている方は、皆さん同じような悩みをお持ちではないでしょうか?

しかし、質問内容では建売住宅も想定しており、あまりにも漠然としているので商品が見える「建売住宅」と業者が決まっている「売建住宅」は別として、注文住宅に絞って説明します。

まずは、資金計画が第一歩です。自分たちの生活で現在借入られる額は、さらに重要なのは月々いくらなら返済していけるかの試算をして住宅ローンの借入額を計算しておきましょう。

これを怠ると、ハウスメーカーの展示場などで目を奪われ、いつの間にかメーカーペースとなり予算を大幅にオーバーしてしまったり、メーカー推薦の住宅ローンを、無理があるのに見栄を張って組んだりすることになりかねません。

また、資金計画がしっかりしていれば、住宅業者のコストレベルに合わせておのずと選択業者がみえてきます。

住宅業者の種類と業者の内容

1、ハウスメーカー

まずは、住宅展示場での建物確認です。ただし見学する時点で、その業者はどのような工法で標準コストはどれくらいなのかの予備知識を得て見学するようにしましょう。
< そうでないと展示場の設備に目を奪われ、いつの間にかメーカーのペースで契約までいってしまい、後で後悔する人の多いのが現実です。

また、大手ハウスメーカーといっても現場は管理のみで、地元の下請け業者が全ての仕事を行います。
よって現場施工の関しては工務店や地域ビルダーと違いはありません。
注意すべきは下請け業者の施工レベルで仕事に差が出ますから、施工に関する地元の評判などに注意です。

2、地場ホームビルダー

工務店よりも大きな組織の地元住宅業者で、ハウスメーカーと同じように展示場営業を展開したり、完成見学会などをこまめに行っています。
この場合も考え方はハウスメーカーと同じです。ただ、地元での営業内容や建物の評判などに注意しましょう。

3、地元工務店

工務店の場合、以前はいい加減な所もありましたが最近は企画設計力、施工能力が伴っていないと生き残れなくなってきています。
現在の工務店は設計士を抱え設計事務所登録をしたり、設計事務所と提携していないと確認申請が受付されませんから設計面はハウスメーカーなどと大きな差はなくなってきています。
ただし、デザイン面及び施工能力は、それぞれ能力差がありますからどのような建物を建てているか参考にしましょう。

4、ローコストメーカー

1~3の業者にローコストで家を頼むのとローコストメーカーは別物で、一般相場の価格(坪単価)よりはるかに安い価格で集客します。

しかし、間取や仕様は生活最低限の仕様で設定し、現実生活を考え注文していくと、最終的には相場価格に近くなってしまうか、オーバーしてしまう場合もあり、おのずと利幅のあるオプションが増える仕組みになっています。

ローコストメーカーが宣伝している価格には近づけるには、いかに要望を押さえていくかになります。 坪単価にはどこまで含まれ、何がオプションになるのか、全体総額はいくらになるのかを良く確認することが大事です。

5、設計事務所

設計事務所の場合は、上記の業者の比較して設計料が発生し、価格が高くなります。また、基本設計のみ、現場監理まで含むなどによって料金が変わってきます。
設計事務所依頼の場合、建築業者数社から相見積を取り検討しますから、見積内容に対し適正な住宅ができるといえます。

最近は設計事務所とタイアップしたネットコンペなども盛んですが、コンペですと設計者が選ばれようとデザイン面に走り予算を度外視したものも多く、業者見積もりが出たら予算をはるかにオーバーして建てられず、設計料だけ請求されるトラブルも多発していますから注意しましょう。設計事務所の場合は、地元で実績のある設計事務所をおすすめします。

以上が、家を建てる準備期間の内容と業者説明です。

よく、上記のような内容を無視し、カタログや展示場で見た住宅建材や設備機器を優先して選択する方がいますが、業者にはそれぞれ得意、不得意分野があります。

住宅建材や設備機器は決定した業者から提案される内容を見て検討し、要望を出したりする方が時間のロスもなく賢明でしょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/794-0f76a847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。