家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >設計士、建築士・・?HOME > コラム >設計士、建築士・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

設計士、建築士・・?
ruuo.jpg
ブログに「知人から『知っている設計士さんを紹介しますよ』と言われたのですが、建築士と設計士は違うのでしょうか?」という質問がありました。

この場合の設計士と建築士は同じ意味と考えて良いでしょう。
それではなぜ、「設計士」「建築士」という言葉が乱雑に使われているのでしょうか?

まず、建築の設計ができる資格者は「建築士」です。
また、その資格で建築確認申請を出すには、設計事務所登録をするか、その登録事務所で設計の業務に携わらなければならないのです。

ですから「設計士」という正式な資格はありません。

逆に言えば、誰でも「設計士」を名乗ることができます。

よく、家が完成してから「○○ハウスに依頼したが設計は私がしたの」と言う奥様がいます。
この話だと、現在ほとんどのハウスメーカーの営業マンは基本プラン集をベースに間取りを自分で作成しますから「営業マン=設計士」となります。

ハウスメーカーの営業所で設計士ですと紹介されても、その実態は確認申請と現場監理に追われて、 プランは営業マンが作るのが現状です。
本当の意味の設計をしているのは本社の一部の人たちだけです。

本来、間取りだけの平面計画では設計とは言えません。 「構造設計」「立体設計」「設備設計」「予算設計」が総合的に検討されて良い設計となるのです。

特に最後の「予算設計」は、現場の経験が少ないと詳細なものが出せず、後々トラブルとなりがちです。

一般的に「設計士」という用語が使われるのは、「建築士」の業務である工事監理がないがしろに考えられている傾向にあるのではないでしょうか?

「工事管理」と「工事監理」もまた違いますよ。

「工事管理」は住宅会社の現場監督が工程や工期、業務内容を管理するもので、「工事監理」は設計図とおりに設計した「建築士」が施工されているかを見る監理です。

間取り図や図面だけではそれこそ「絵に描いた餅」総合的な設計と工事監理があってこそ良い家ができます。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/798-a7c211e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。