家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >坪単価30万程度の家は・・・HOME > 住まいの情報 >坪単価30万程度の家は・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

坪単価30万程度の家は・・・
kobusi-s2k.jpg
家を建てるときには、さまざまな不明点、疑問点がありますよね。

ここでは、業務上私が過去に質問された例を紹介して行きますので、これからの家造りに参考にしてください。

坪単価30万程度の家は、どこまで含まれているのですか?

本来「坪単価」は住宅総工費を坪数で割った金額ですが、最近はハウスメーカーなどの規格住宅の場合、現場付帯工事(屋外給排水工事など)を別途とした、本体価格が一般的な坪単価として表現されていますね。

坪単価30万以下建物は、平面プランと構造をシンプルにして総2階型が大半です。
総2階型が一番構造材の数量が少なくなります。
例えば、同じ面積で平屋の家と総2階の家を考えた場合、金額の高い基礎・屋根の面積は約半分ですみます。

建物内容は規格仕様以外は全て別途工事ですよ。
規格仕様はそれぞれのローコストメーカーにて違いますが、このような住宅を購入した人の話を聞と、収納追加、窓は雨戸、シャッター追加、テラス追加、庇別途、勝手口追加・・・などの内容で、付帯設備費を含めた総工費は坪50万近くなったそうです。

ローコスト住宅は低額坪単価で集客し、追加工事の金額に幅を含んでいる一種の「マジック」的な面があるように思えますね。

ローコスト住宅を購入する場合、あなたの生活スタイルや希望に合わせた空間を求めるのではなく、メーカー側の規格プランに生活を合わせなければローコスト住宅ではないみたいです。

注文住宅と言うよりも「土地無し建売」を購入する気持ちがないとだめです。 注文を出すと一般坪単価住宅と変わらなくなりますので良く検討しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/80-9ce69346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。