家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >洗濯動線を考える。HOME > 住宅設計 >洗濯動線を考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

洗濯動線を考える。
oklp.jpg
主婦にとって間取りは、家事動線を短く楽にするのが大事というのは皆さんわかりますよね。

新しい住まいの間取りを考える時、どうしてもキッチン中心の家事動線になりがちです。

キッチンを中心に洗面、浴室、トイレ・・・と家事動線を平面だけの思考になっていませんか?

家事動線の中で動く距離の最も長いのは「洗濯動線」なのです。

汚れを落とす洗濯は洗濯機が担ってくれますが、洗った洗濯ものを干して取りこんで、さらにたたんで収納までが洗濯動線となります。

洗濯動線を考えると洗濯ものを何処に干すかがポイントになりますよね。
特に2階、3階へ毎日洗濯ものを持って階段にを上り下りするのは、身体的な負担が蓄積されます。

でも、いろいろなプラン集などを見ても「洗濯動線を考えた間取り」ってないですよね。

それは住む方の洗濯の時間帯、洗濯の干し方、しまい方、さらには建物への日当り、敷地条件・・など様々な要素が反映すると考えられます。また、共稼ぎや敷地条件などで室内干しの方もいます。

それなら自分達のライフスタイルに合わせた「オリジナル洗濯動線間取り」のようなものを考えてはいかがでしょうか?

この方法なら漠然と間取りを眺めて選択するよりも、あなたの生活がより反映した間取りとなります。

家事作業も掃除ロボットなどの登場で便利になったり洗濯機の性能がアップしても、洗濯動線を機械化するのはまだ無理でしょう。

間取りを考える上で、ぜひ洗濯動線を重要視してください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/804-34f380c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。