家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >畳の話HOME > コラム >畳の話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

畳の話
fpji.jpg
私たち日本人は昔から、海外から様々な文化を受け入れ、それを自分たちの生活に取り入れ改良してきました。

しかし畳は、生活に密着した日本固有の貴重な文化です。

日本の住文化に大きな影響を与えた畳の歴史をあなたはどれくらいしっていますか?

畳みの初期の形態はインドから伝わった野生のイグサを改良栽培して織り、敷物として利用していたそうです。

現存する最も古い畳は奈良東大寺の正倉院にある「御床畳」(ゴショウノタタミ)でゴザのように薄く、木でできた台の上に置かれています。

1300年も前の畳が現存しているなんて驚きですよね。

現在のように厚みのある畳は平安時代頃に誕生しましたが、当時は板ノ間が一般的で板ノ間の上にクッションとして敷いていました。


部屋全体に敷き詰めるようになったのは室町時代になってからで、正座する姿勢もそれ以後生まれたそうです。

戦国から江戸時代に入って畳は権力を象徴するようになり、大名などの武家にはとっては重要なものでしたが、庶民は土間や板間の上にゴザやムシロを敷いていました。

畳を庶民が使えるようになったのは、江戸時代後半になってから「畳職人」という職業ができてからです。
さらに、地方の農村部に普及したのは明治以降だそうでうから意外と庶民が利用した歴史は浅いのです。

畳には京間(関西間)、江戸間(関東間)、中京間・・などその地域によって寸法が違います。 新しいものでは公団サイズの団地間もあります。

元々の原型は京間で、畳の基準寸法に合わせて部屋の大きさを決めていたそうです。 それが江戸の町では火災が多く、建て替えが多いので建物の基準寸法を決め、建ててから畳の寸法を取って敷くようになったのが関東間です。

この関東間がハウスメーカなどの全国展開で一般的な寸法となっています。

このように庶民には貴重でやっと手に入れた畳を長く大切に使うため、こまめに畳を干したり、表がやけたら裏返して使ったり、長持ちさせる工夫をしてきました。

しかし、最近は畳の需要が和室の減少から大幅に減ってきていますよ。
特に最近の住宅プランをみると和室のない部屋も多く見られます。

また、リビングの一部をコーナー畳にするなどの板間に畳を置いた初期スタイルも増えてきています。

畳の部屋が減っている中、若い子育て層には畳の部屋を求める方もいます。 畳の上に布団を敷いておけば幼児が寝返りをうっても安心だし、ハイハイやヨチヨチ歩きでも畳なら安心だとの理由からだそうです。

逆に高齢者のいるお宅では、介護などの面から寝具をベッドにするので板の間に改装するのも多くなってきました。

ライフすタイの変化と共に畳みの使用形態も変化しています。

畳があったことで日本は土足文化の国とは違う、独自の住文化を生み出してきました。

伝統の住文化に大きな存在の畳を、あなたのライフスタイルに上手に取り入れてはいかがでしょうか。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/808-b2963729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。