家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >見た目一瞬、住めば一生HOME > コラム >見た目一瞬、住めば一生
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

見た目一瞬、住めば一生
ghij.jpg
建売り住宅は、注文住宅と違い完成物件の展示ですから、住宅の性能がどこまであるのか判断に難しところがあります。

建売り販売の現場では、営業マンはその建物の「売り」を力説し、きれいにクリーニングされた建物は素人の見た目では、住んで快適そうな家ばかり並んでいます。

建売り業者は売り易い家を目指し相場価格で、いかにお客様の印象を良くするか、いかに快適そうな家をつくるかに力をいれます。

しかし、住んで快適そうな家と、住んでから快適な家とは明らかに異なりますよね。
住んでから本当に快適な家とは、実際には住んだ人しか解らないのが実情でしょう。

建売り住宅を購入した方で、このような話がありました。

「暖房にエアコンを使用したのですが容量不足からか部屋が暖まらないのです。エアコンの容量は、目安となる部屋の帖数で購入したのですが?」

これは、エアコンの容量不足というより、その建物の断熱・気密性能の不足なのです。

家の断熱性能が悪いとエアコンで温めた熱を逃がしまい、いつまでも低い温度の熱しか出てこないため、室内空気の空回り状態になってしまいます。

建売り住宅の場合、温熱関連の性能は形で見せる事が出来ませんよね。
実際に住んで、暖房なら一冬経過しないと分からないのが実態です。

特に断熱、気密に関する施工部分は完成すると見えなくなり、お客様も見た目重視であまり関心を示さず「断熱、気密は大丈夫」「ええ、その点は十分に・・・」程度の会話で済んでいないでしょうか?

中には「窓ガラスがペアガラスですから大丈夫です」程度の説明しかない場合もあります。

住宅の温熱環境は、窓ガラスだけでもダメで、断熱、気密材、その施工法などで確立する熱損失係数(Q値)によって決まり、エアコン容量も決定します。

しかし、建売り住宅の販売現場では上記のように形で見せる事が出来ませんから、住宅営業マンも説明は後回か、ウヤムヤとなってしまっています。

また、建売り住宅はQ値を明確に表示している物件は少なく、施工に関してはあいまいな点があり、それをカバーするのに見た目重視となっています。

家は、見た目は一瞬、住めば一生・・・寒い時、暑い時の冷暖房費は一生涯つきまといますよ。
建売り住宅購入には、断熱、気密に関する性能を良く確認しましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/812-c449b3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。