家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >防犯ガラスの効果HOME > 住まいの情報 >防犯ガラスの効果
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

防犯ガラスの効果
illv.jpg
10月、11月はドロボウの増える時期といわれていますから注意してください。

住宅の防犯対策として「防犯ガラス」が都市部を中心に需要が大幅に延びていますよ。

最近も「防犯ガラスを採用したいがどの程度の効果が・・」という質問がありました。

防犯ガラスは、2枚以上のガラスの間に柔軟で強靱な中間膜を挟み、熱と圧力を加えて接着していますから、破片が飛散しにくくハンマーなど叩いても貫通しにくくなっています。

網入りガラス、強化ガラスや防犯フィルムなどと比較しても遥かに強度のあるのが防犯ガラスです。

警視庁のガラスの防犯性能実験で、バールによる打撃を7回加えても十分な大きさの穴が開きませんから、ドロボウには有効といえます。

通常ドロボウは5分作業しても侵入できなかったらあきらめると言われています。

まだ防犯ガラスは高価ですので、1階のみ防犯ガラスという方もいます。
しかし、ベランダの近くに2階への足がかりとなる、ボルトの付いた電柱がある家などは2階部も検討した方が良いでしょう。

また、防犯上不安のあるボルト電柱は、電力会社の所有物か電話会社の所有物か確認して、理由を説明して取り外しを依頼すれば取ってくれます。

電柱に付いているボルトは捻じると取れますが、勝手に取ってしまうと窃盗になってしまいますから注意してください。

防犯ガラスと他のガラスの防犯性能試験が、警視庁の動画に出ていますから参考にしてください。

  住まいる防犯110番

防犯ガラスの動画は編集上短くなっていますが、実際は5分間侵入攻撃を行ってもサッシを開ける事が出来なかったそうです。

それでも、結果的には窓の錠が開けられてしまいましたから、侵入者の攻撃に対し時間を稼ぐものと考えた方が良いでしょう。

本格的な対策が必要な場合は、「防犯ガラス+防犯シャッター」がおすすめです。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/815-0a729b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。