家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >条件付き土地・建物のリスクHOME > 住まいの情報 >条件付き土地・建物のリスク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

条件付き土地・建物のリスク
dfgh_20101215210955.jpg
ブログに条件付き土地の建物で次のような相談がきました。

「建売り住宅を購入するか、条件付き土地に家を建てるか迷っています。・・・やはり条件付き土地の方が家に注文が出せるのでよいでしょうか?」

現在の条件付き土地の建物は、「間取り自由・フリープラン」と謳われて販売しているのがほとんどですよね。

そうなると建売りより、家にたいする自由度が高くなるので手間がかかっても条件付き土地の建物となりがちです。

なぜ不動産業者は条件付き建物として売りたがるのでしょうか?

まず、土地だけの販売では儲けが少ないのです。また建売りだと儲けは大きいが売れ残ればダンピングのリスクがあります。

それらに対し、条件付きは仕入れは土地代だけで売れた順に建てれば良いから、儲けが大きくリスクが少ないのです。

それでは、買う側にとってリスクはないのでしょうか?

フリープランだし、いちいち住宅会社を探して建ててもらうという面倒な手間もかからず、建物の価格帯もどこも似たようなもの、買う側からも見てもメリットがあるのも事実です。

しかし、条件付き土地の販売をしている業者は、大手パワービルダーから地元零細工務店まで実に多様な業者がしのぎを削っていて業者の質のばらつきがあげられます。、

また、建築条件付きの場合は注文住宅と違い、契約時は100~200万円程度の手付け金を支払い、建物完成時に工事の残額を支払う方法が非常に多いことから、早期残金回収目的で工期が短くなり、仕事が雑になっているのがほとんどです。

このような突貫工事現場には、満足な腕を持つ職人が集まらないのも質の低下を招いています。

また、土地を媒介としたつきあいのせいか、義務としてのアフターサービス程度で注文住宅のようなお付き合いは業者側も考えていないのが本音でしょう。

このようなことから、工事の粗悪さ、建物の品質のばらつきがあり、中には、間取りすら満足に提案せず契約のみ急ぐといった、販売上のトラブルも多くあります。

土地の条件は良い、建物は「間取り自由・フリープラン」と良いことだらけのように見えても、上記のようなリスクが潜んでいます。

全てがそのような業者とは言えませんが、販売業者の仕事内容や取り組み方のスタンスを良く確認する必要があるでしょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/817-591739b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。