家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの後悔事例HOME > 家づくりノウハウ >住まいの後悔事例
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの後悔事例
aaqo33.jpg
家を建てる(買う)という時は皆さん様々な情報を集め、細心の注意を払って検討します。

しかし、建築後、購入後に後悔することが皆さんありますよ。

あれほど悩んで計画を建てたのに、住んでみたら・・・という人は多いのではないでしょうか?
建物だけでなく敷地や立地条件でも同じことがいえますよね。

それでは後悔事例はたくさんありますが、これから造る(買う)人のためのヒントになるような事例をまとめてみましょう。

<家づくりで後悔>

1、モデルルームをみてこれだとひと目ぼれしLDKの配置を決めたが、
  いざ使ってみると広すぎ。
  予算的に家具もモデルルームのような充実した内容にできず、LDKを中心に
  他の部屋は切り詰めたので使いづらい空間となってしまった。
  モデルルームはあくまでも見せるだけの家で、現実生活を考えなかったことを
  後悔している。

2、坪単価の安いローコスト住宅に飛びつき、家を建てたがオプションが増え結局一般相場と同じ
  価格帯となった。
  同じ時期に建てた友人の注文住宅も、ほぼ同じ坪単価で造りが数段上なのでがっかりしている。

3、気密住宅にこだわり注文を出したが、完成したら窓が少なく小さいので息苦しさを感じる。
  もっと、開放的な家にすれば良かったと後悔している。

4、コンセントや照明が数を足りなくならないよう雑誌などを見て十分検討したが、生活したら
  電気料が大幅アップで使用してない照明も多く、契約アンペア数も大きくなり無駄をしたと後悔

5、吹き抜け空間にこだわって造ったが冷暖房の維持費が高く、また冬は熱が階段から上昇して
  部屋が寒く困った。

6、隣の建物の配置を考えずプランを作ったら、東の窓が隣の家の西窓とお見合い状態でお互いに
  カーテンを閉めたままの状態になっている。

7、ボックス型の家を作ったが、どこにも軒や庇がないので小雨の時でも窓が開けられず困った。

8、狭小住宅を購入したが、扉も狭くベットや幅広の家具が搬入できない。

9、小型犬を室内で飼っているがクロス壁が爪でガリガリ状態、板腰壁にすればよかったと後悔

10、敷地が狭いので日当たりを考え2階にLDKを持って行ったが、足をけがして階段の昇り降りが
   一苦労将来の老後を考えると後悔

<立地条件で後悔>

1、静かな環境をと思い閑静な住宅地に家を構えたが転勤で家を売却することになり、
  駅付近のほうが売却価格が高いと知ってショック。

2、すぐそばに小川が流れていて環境もよく散歩するにも適しているので購入したが、大雨が降ったら
  すぐに満水であふれてしまう。大きな台風でもきたらどうなるの・・・

3、見晴らしのよい高台の住宅地に家を求めたが、雪が降ると車がスリップして登れないし、普段の
  買い物にも上り下りが大変、老後はどうなるのだろう・・

4、建売住宅の敷地が狭く南側に家があり日当たりが心配だったが、見学した日は庭だけ日陰なので
  これなら大丈夫と購入、冬になったらリビングの奥まで前に家の影が入り家全体が暗い。
  冬に見学しておけばと後悔

5、田んぼを埋め立てた造成地が安かったので購入したが、地盤改良に250万程度かかると知って
  びっくり、150万高くても地盤の良かった方を買っておけばと後悔。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/826-f03a3d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。