家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >窓の結露HOME > 家づくりノウハウ >窓の結露
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

窓の結露
saw99.jpg
本格的に寒い季節になってきましたね。

これからの季節は、窓の結露が気になる家が多いのではないでしょうか?
窓は壁面に比べて、圧倒的に断熱性能が劣ります。
なぜなら、窓は外気温の影響が大きい作用し冷えやすく、断熱性能の高い断熱樹脂サッシュでも、壁の断熱性に比べたら1%以下なのです。

窓の結露防止には、窓ガラスの断熱性能を良くすればと考える人も多いでしょうが、それだけではダメなのです。
窓ガラスの結露防止には、「断熱、気密、換気、暖房」の4つがバランスを取れていないとダメです。

「窓はペアガラスの断熱サッシにすれば結露はおきない」というのは嘘、条件が悪ければトリプルガラスでもおこるのです。

例えば、壁の断熱性能だけ高ければ高いほど、相対的に窓の断熱性能は劣り、冷えて来ますので、かえって結露は生じやすくなります。

逆に、窓のサッシの断熱性能だけ高め、壁の断熱性能が劣れば壁面で結露が発生します。

このように厄介な結露は、湿度の高い部屋の、表面の温度が相対的に低くなる部分で起こります。
結露防止は簡単にいえば「部屋の湿度を上げない」「温度の低い部分を作らない」ことなのです。

でも、空気が乾燥する冬季は暖房や加湿器などで、部屋は高温多湿になりがちです。

冬季の結露防止の対策としては、「室内湿度を60%程度に保つ」「暖房はエアコンか蓄熱式、屋外排気式」のが良いです。

また、寒いからといって、「24時間換気設備」は切らないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/830-d8bca914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。