家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地の法律制限HOME > 不動産の知識 >土地の法律制限
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地の法律制限
zp3hu.jpg
家を建てるのに土地を探す上で、法律に対する知識はとても大切です。

その土地が「家が建てられる場所なのか」「法律上どのような制限があるか」など知っておく必要がありますよ。
都市計画法では、都市計画区域に対し無秩序な市街化を防止するため、市街化区域と市街化調整地域に分けれれています。

さらに市街化区域であっても、建築物の種類によって建築できる用途地域が決められています。

用途地域には、次のような地域があります。

・低層住居専用地域(第一種、第二種)
・中高層住居専用地域(第一種、第二種)
・住居地域(第一種、第二種)
・準住居地域
・近隣商業地域
・商業地域
・準工業地域
・工業地域  ・工業専用地域(家は建てられない)

<住宅が建てられない土地>

市街化調整区域に指定されている場合農地・山林などで市街化調整区域に指定されている場合、原則として農家用住宅や農業用建物を除き住宅は建築できません。

また、工業専用地域内にも建てることはできません。

道路(4m以上)に2m以上接していない土地も家は建てられません。
都市計画道路が計画されている土地は、家を建てても取り壊すことになります。

他にも、崖地などの上下に家を建てる場合、規制があったり、設計者の安全所見がないと建てられない場合もあります。

< 建築規模の制限>

建築可能な面積を各地域ごとに建ぺい率と容積率で制限しています。
目的の土地に最大でどの程度の住宅を建てることができるのか決められているわけですから、必ずチェックしておきましょう。

建蔽率、容積率などの詳しい内容はこちらを参照して下さい。 住まいの法規

<高さの制限 >

都市部の狭小敷地などでは3階建てが可能かどうかは重要なポイントです。

建築基準法では高さに対しての制限を用途地域別に表し、絶対高さの制限・接している道路幅・隣地との離れ・北側境界からの離れなどによって決まる斜線制限により定められています。

ちょっと一般には理解しにくいので、専門家の意見を求めるましょう。

<構造の制限>

その土地が防火地域内であった場合、木造住宅は建てることができません。
また、100㎡以上の住宅を建てる場合には木造以外の鉄骨造、コンクリート造などの耐火建築としなければなりま せん。

ただし、準防火地域であれば3階、500㎡以下までは木造で建築することは可能です。

<その他の制限>

防火・準防火地区、美観地区、風致地区、歴史的風土保存地区、・・・といった地区は、それぞれに制限があります。 また、団地などの地域に「建築協定」がある場合、建築基準法より「建築協定」が優先されます。

このように、土地の法的条件によって住宅の内容が制限されていますから注意して下さい。
関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/834-b8fc3a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。