家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅技術者の実態HOME > コラム >住宅技術者の実態
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅技術者の実態
diap3.jpg
住宅会社の建築士は、設計や現場管理などの技術系担当になります。

以前ですと、資格のある技術屋さんと言えば、設計から現場、営業までオールラウンドでこなせる人が多かったのですが、最近は設計担当、現場担当と業務が細分化され、そのような人は皆無に近いといえるでしょう。

また、同じ住宅系の技術職として建築士の資格を持っていても、務める企業の業務内容によって、知識内容も技術レベルも全く違ってきます。

特に鉄骨やパネル系、2X4のハウスメーカーの技術系担当となると、それぞれの企業内にあってはプロでしょうが、その企業を離れてしまうと一般住宅の技術や材料に対する知識があまりにも乏しいのに驚くことが最近ありました。

私の知っている工務店の息子さんが、大手ハウスメーカの地元営業所の現場監督を長年やっていて社内ではベテランの域にいました。

工務店の社長が亡くなって工務店を継ぐことになり、前社長とタイアップしていた仕事の打ち合わせに来た時です。

私が使用する材料や工程の進め方を聞くと、あやふやな答えしか返ってこず、おかしいと思って「親父の跡を継いでやっていく自信はあるの?」と聞くと「まったく無いのです。資格(一級)を持っているので、大工連中は頼りにしてくれるのですが・・・」

よく聞くと「ハウスメーカー(鉄骨系)の時は、材料は工場から加工されたもの管理と施工指導でしたから、木材のことや納まり、工程などがさっぱりわからないのです。」

「そいいうわけで大工と満足に話せない状態で・・・木造住宅のことを詳しく教えてくらませんか?」と言う話です。

いろいろ話してみると、杉やヒノキなども加工され商品となったものは分かるが、原木で見ると区別がつかないという話です。

「うーん、これは困ったね。亡くなった親方にはいろいろ世話にもなったし、今度の仕事は最初から現場を一緒に見るからそれで覚えていくしかないだろう」

「ただし、同じ業界にいたのだから一度の仕事で覚えることだね。そうでないと大工や下職にナメラレてやっていけないよ。」

翌日から、毎日のように訪ねてくるか電話があって、建物完成後は何とか木造住宅でもやっていけるだろうというレベルになりました。

このような話は意外と多いのですよ。

また逆にいえば、どれほど在来工法の知識が豊富な技術者でも、HMに入れば独自の工法ですので一般の新入社員と同じになってしまいます。

今回の話で何を言いたいかのかというと、それぞれ住宅会社には特徴のある構造があります。
それぞれの企業の技術者は、自社の建物に関してはプロですが他社のことは何も分かっていないのです。

よく、営業マンや建築士が「あそこの建物は○○ですが、我が社は●●が優れています」ということを言いますよね。

しかし、他社の実態は何も知らないのが現実なのです。

同じ木造系ハウスメーカーでもそれぞれ独特の工法を開発して、在来工法と一概には言えないのが現状です。

あまり、他社の技術を批判したりした話ほど、その企業に対する無責任な噂や嘘が多いと考えて良いでしょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/835-b7707ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。