家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >どちらでリフォームしたら?HOME > リホーム >どちらでリフォームしたら?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

どちらでリフォームしたら?
kirakira.jpg
「築20年以上の家をリフォームしますがHMと工務店、どちらが良いでしょうか」という質問がきました。

以前なら「リフォームは地元工務店で」というのが圧倒的でしたが、最近は大手リフォーム会社からHMまで入り乱れた市場になっていますよね。

私は「リフォームは地元工務店で」という答えです。
なぜなら、リフォームする時期の家は、リフォーム後も何かと手を入れるようになります。

大手リフォーム会社やHMの営業担当者は、転勤が多くその後の付き合いが薄くなってしまうので地元密着の工務店が良いのです。

大手の場合、リフォーム工事もパッケージ化し、消費者に分かりやすいイメージで営業したりしていますが、結局そのようなチラシや営業マンの経費が上乗され、利益+経費をピンハネして下請け(大工・工務店)へ丸投げするだけなのです。

考えてみれば、大手HMの良さは工場で規格化された材料により、均一な商品が出来ることです。
しかし、現場対応のリフォームでは下請け業者の技量まかせ、その良さを生かされませんよね。

リフォーム工事は増築しない限り請負元に公的検査はないし、瑕疵担保保険は強制義務がなく任意加入ですから手離れもよくそのような実態となっています。

また、リフォームが進行している現場をみていると、解体して想定外の事態が発生したり「ここに棚を、ここは収納に」と追加や変更が多くなります。
このような場合「営業マンと相談して・・」では、現場が止まってしまいます。

他にも全国展開のリフォーム専門業者もありますが、体質的に大手HMに近く、その地域の売上が伸びなければ営業所を閉めてしまいますから注意が必要です。

リフォームすると言うことは、古くなったり、手狭になった家に手を加え、住み続けることですからその後の業者との付き合いも考えると、地域密着型の地元業者(工務店など)をおすすめします。

  



関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/841-d594b640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。