家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >売り手の話・作り手の話HOME > コラム >売り手の話・作り手の話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

売り手の話・作り手の話
fsaa.jpg
マイホームを取得しようとする場合、様々な知識が必要になります。

それではその知識は皆さんはどこから得ているのでしょうか?

ほとんどの人はハウスメーカーの営業マンという答えになるでしょう。
「営業マンとの相性が大事」と言われるように、出会いから引き渡しまで営業マンです。

以前なら「餅屋は餅屋に」と、何事もそれぞれの専門家がいるので、任せるのがいちばん良いといわれていました。

しかし、情報が散乱するなかで家づくりのスタイルも様々、専門家だけの「狭く深い知識」では足りず「浅くても良いから幅広い知識」がもとめられるように」なりました。

また、情報の取得先も「売り手側と作り手側」によって、同じ内容でも大きな違いが出ます。

売り手側とは、ハウスメーカー営業マンに代表されます。

ハウスメーカーにも専属技術者がいますが、お客様との応対は総て営業マンとなっていますから、売ることを専業にした人からの情報になってしまいます。

作り手側とは、設計士や専門職人などの技術系の情報をいいます。

以前は作り手側の話を聞いて、依頼や建物の内容をきめるのが一般的でしたが、住宅会の営業スタイルが大手HMと同じように、売り手としての情報しか伝わらないのが多くなっています。

仕事を取る営業マンが打合せし、内容を技術担当に伝え、現場の職人に伝えられますが、そのには「伝言ゲーム」に見られるようなトラブルも発生することがあります。

また、売り手側の情報は、技術的な細部の問題点があったとしても「契約する」を最優先にされます。

その結果「そのような問題は現場で何とか処理を・・」と無理難題を押し付けられることもあり、そのような問題はお客様には伝わらないシステムとなっています。

私も以前、住宅会社に勤めていた時に次のような経験があります。

「設計上提案があるのでお客様と変更の打合せをしたい」というと、「もうまもなく契約なのに何を今さら、そのまま進めてくれ」と言う話。よりベーターな方向にの提案も無視、契約最優先 という訳です。

設計面だけでなく、現場でも職人から「こうしたら・・・」というような改善案などが出されることもありますが、追加金が発生し工期が伸びる内容は全て無視されるのが現状です。

このようなことから、現場は流れ作業で延滞金が発生しないよう、丁寧な仕事よりも工期最優先になってしまってい、職人の仕事に対するプライドも何もありません。

なぜ、このような家づくりになってしまうのでしょうか?

表面だけきれいにクリーニングされたマイホーム、「夢がかなった!」と喜べるのは最初だけ、数年後にはここもあそこも・・・とボロがでてきます。

本当に良い家を作りたいなら、設計の段階から専門家(作り手)の話を聞くことです。

現場が始まれば、上棟時やお茶の時間などに、現場の職人たちのあなたの家にたいする話を聞いてみてください。

そこには、売り手とは違う角度からの「作り手の話」があるはずです。

それによって、変更が出て工期が延びたとしても、長いローンを考えれば「良い家」になる方が得策ではないでしょうか。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/848-b660e072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。