家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくり信用不安HOME > コラム >家づくり信用不安
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくり信用不安
voit.jpg
一生に一度の夢のマイホーム、夢と希望に溢れる反面、不安要素を心配する方も多いのではないでしょうか?

家づくりは巨額の費用がかかり「安心して夢を叶えるマイホームにするにはどうすれば・・・」が問われていますよね。

資金調達が出来ていることを前提に考えると、不安要素は「どこに頼めば良いか、その業者は信頼できるのか?」ということになってきます。

特にここ数年は業者の途中倒産や工事ストップといった「信用不安」がクローズアップされています。

「建築中に建築会社が倒産したら、完成後のアフターメンテは・・」と建築業者に対する不安は常に付き物です。 現在は、瑕疵担保保険で完成までの保証が整備されましたが、いざ建築会社が倒産したら面倒なことが多く発生します。

しかし、事前に住宅会社の経営実態を把握するのは困難といえますが、魅力的な値引き提案をして、契約を急ぐような業者や契約金頭金を多額求める業者は、資金繰りに苦労しているので要注意です。

良い住宅会社の例といては、設計図・仕様書・見積書があり、どんな建材や設備を使うか明確に分かり、完成後は瑕疵担保履行法などの法的保障があり、説明責任がなされ、それをよく理解し対応している所で、契約内容もしっかりしている所です。

このようなしっかりした住宅会社は、大手ハウスメーカーに限らず、地元住宅会社、工務店などにも良い会社はあります。

結局、家づくりは人と人との信頼関係で成り立っています。

会社は人がつくっていますし、そこの担当者も、家も人がつくっていますから、人(担当者・責任者)が信用できるまで、いや、信用できる人を見極められるまで、しっかりと家づくりの勉強が必要でしょう。

そのためには、建築現場や完成物件などを多く見るとともに、人に数多くあたることが重要といえますよ。
逆に、人を見極める目が備わっていないと「家づくりはまだ早い」と言えるかもしれません。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/849-cf1d6927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。