家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >10年保証の勘違いHOME > 住まいの情報 >10年保証の勘違い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

10年保証の勘違い
ttt_20100424200407.jpg
「住いを建てて間もなる10年になるが、最近雨漏れがしました。10年保証の点検など工務店はしてくれるのでしょうか?」という質問が、Webサイトを見ていたらありました。

10年保証は瑕疵担保履行法が出来て、どのような住宅建物でも10年保証があると勘違いしている人が多いようです。

瑕疵担保履行法は、2009年の10月1日から施行されましたから、それ以前の建物は法対象外の物件なのです。

法制定以前に着工した建物は、契約時に請負会社が10年保証制度を契約書に記入があるかどうかです。

HMなどの会社によっては、法制定以前から10年、20年の保証を売りにしているところもありましたが、一般工務店だと以前は10年保証を唱っている所は少ないでしょう。

どうも、瑕疵担保履行法の話が出始めた頃から「建物は10年保証が常識」という勘違いが流布してしまったようです。

良心的な工務店では「うちは10年保証など特に付けていなかったが、御客様の家がある限り瑕疵担保履行法の内容は永久保証だよ」という所もあります。

瑕疵担保履行法は何でも保証ではなく、構造体と雨漏れに対し10年保証です。

この保証内容もカン違いしている人が多く、ちょっとしたクレームも全て10年保証ではないのです。

例えば、法制定以後の建て物であっても、「雨樋がつまった、外壁にカビが、建具がきつくなった・・」といった内容は10年保証の対象外であって修理はアフターサービスか有償となります。

また、瑕疵担保履行法は建築業者の施工に対してであって、昨年の大地震のような天変地異や地盤による原因、お客様が自ら引き起こした原因も対象外となります。

このように、一般的に住宅は10年保証と考えられていますが、建築時期や内容によって違ってきますから注意してください。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/856-74db4167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。