家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >デメリットを知るHOME > コラム >デメリットを知る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

デメリットを知る
fggjk.jpg
家を建てようとすると「良い家を」と、メリットばかり追い掛けてしまう傾向になりがちです。

また、営業マンは他社のデメリットは言っても自社商品はメリットしか話しませんよね。
「デメリットを教えると客が逃げる」と考えているようでは営業として半人前、営業のスキルに磨きをかけた営業マンなら、デメリットを伝えることの大切さを知っています。

例えば住宅の電気設備(給湯器、24時間換気設備、エアコン・・など)毎年のように新商品がでて、最新機器を進めれれますが寿命が10年程度と教えてもらった人は何人いるでしょうか?

型式が2~3年古くても使用していなければ耐久年数は変わらないのです。

材料にしても新建材、合板系は商品規格がしっかりしていて完成時はピカピカで美しいですが、経年変化と共にくすんんでいき、カビや汚れが発生しやすくなります。

反対に自然の木材は、ソリや狂い、割れなどが発生しやすいですが経年変化とともに落ちつき、独特の風合いを出してくれます。

気密住宅にすれば、換気性能からカビの発生が心配されますし、気密性の維持も心配されます。 気密を避けて、開放的の間取りの家にすれば、夏は快適でも冬の寒さが心配されます。

このように、人間の生活と同じで家づくりにも裏表が必ずあって、完璧な商品や住いはなく必ずデメリットはあります。

住まいづくりでは、沢山のことを決断しないといけません。

住宅や付属設備を選ぶ上で、このようなデメリット知った上で選択することが大事ではないでしょうか?

なぜなら、デメリットを知った上で決断すると、デメリットと向き合うための創意工夫が生まれるからです。

営業マンのメリットだらけの話を鵜のみに信じないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/861-9a9ec422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
イラクディナール系詐欺に気付いた方は 被害の返金から調査まで弊社にて無料相談受付中です!
2012/03/30(金) 13:07:16 | イラクディナール詐欺の恐怖の実態例
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。