家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >リフォーム見積比較HOME > リホーム >リフォーム見積比較
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

リフォーム見積比較
gpp33.jpg
「リフォーム工事の場合、相見積もりは必要でしょうか?それともどこに頼んでも同じでしょうか?」という質問がきました。

まずリフォームの工事が、どのような工事なのかによっても依頼先は違ってきます。

例えば、外壁の塗装工事だけを依頼するような時は塗装専門業者がよく、総合的な工事を請負うリフォーム業者では、中間マージンが発生し見積もりが高くなるからです。

塗装工事だけでも業者によって見積金額は違ってきますから、2社程度の相見積もりを取りましょう。

このような専門業者を探すにはタウンページが役にたちますよ。

複数の工種が発生するリフォームの場合、複数の業者を手配できるリフォーム業者になります。

しかし、リフォーム業者といっても大別して下記の4つの形態に分類できます。

1、リフォーム専門業者

新築をメインにしていた工務店がリフォームに鞍替えしたり、今日のリフォームブームにのって新規参入してきた業者などです。

2、地場の工務店

新築と併用してリフォームも行うスタイルで、大工工事が主となるリフォームにはおすすめです。

3、ハウスメーカー系

基本的には自社で施工したお客様が中心ですが、もちろん他社施工物件も扱う。 ただし、一定金額以下の細かなリフォームは受け付けない。

4、建材メーカー系

TOTO、INAX、トステム、・・・など大手建材メーカーのフランチャイズで独立採算系の会社で、そのメーカーの機器をリフォームするには適している。

それぞれに長所・短所がありますので見極めは難しく、やはりそれぞれ2~3社の相見積もりを取るよう心がけましょう。

リフォーム工事の場合、表面から見え内部の専門家の調査が重要ですから、営業マンの調査だけで見積が出て、契約を急ぐ業者は注意が必要です。

  





関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/863-aba41fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。