家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >リフォーム済み中古住宅の問題点HOME > リホーム >リフォーム済み中古住宅の問題点
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

リフォーム済み中古住宅の問題点
vjk50.jpg
中古住宅の中には、「リフォーム済み」として売り出されている物件もあります。
今流の言い方をすれば「リノベーション住宅」も同じです。

「リフォーム済み」の物件の最大のメリットは、購入後にほとんど追加の費用やリフォーム代がかからないので、購入費用の目安が立てやすく、トータル価格の把握がしやすいので、住宅ローンを借りる場合でも楽なのがメリットといえます。

しかし、リフォーム済みではリフォーム前の築年数が何年なのかわかりませんよね。

10年前後の築年数が新しい場合は、せいぜいクロスの張り替えなど、汚れた部分を張り替える程度で問題はないのですが、築年数が古い住宅のリフォーム済み物件には注意が必要ですよ。

築年数が古い住宅のリフォーム済み物件の場合、過去の問題点にどのように対処したかです。
例えば、雨漏れがあった住宅が完全に原因が処置されたのか?

浴室が古いタイル張り浴槽の家は、浴室と洗面所の土台周りは解体するとほとんどが腐食しています。

最新のユニットバスにリフォームされていても土台まで交換したのでしょうか?

シロアリの被害などがあったら、適切な処置は・・・?

このような心配事に対応できるのは、床下や天井の内部を確認できる点検口があるかどうかです。

しかし、点検口が付いてない「リフォーム済み」中古住宅も売り出されているのです。
私も、「リフォーム済み」中古住宅を買うのでチェックしてほしいと友人に頼まれたことがありますが、床下と天井の点検口がないのでチェックのしようがありません。

綺麗にリフォームされた表面をみて誉めても、何の役にもたちませんよね。
点検口がないとゆうことは、「臭いものに蓋」をした状況も考えられます。

上のような悪意はなくても「素人に売るには表面に傷がなく綺麗であれば・・」と安易に考えているのかも知れません。

しかし、点検口がないと入居してからの住いの維持管理にも困ってしまいますから、そのような物件は購入しないことです。

また、「リフォーム済み」中古住宅は、不動産会社が売り主の場合は、法律上2年間の保証があり、不具合があるとクレームとして言うことが出来ますが、個人が売り主で保証期間が慣例的な2ヶ月であれば、その後の問題は買い主の自腹となるので注意してください。

  





        
関連記事

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/865-a62c96fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。